« 第3回 田んぼへ行こう! | トップページ | 「はざ掛け米」もうすぐ発送!! »

2010年10月21日 (木)

「生産性」とは

 山の木々が葉を落とし始め秋が深まってきました。

101019p1000430  ムラの中は稲刈りが終わり落ち着いた雰囲気に包まれています。先週末、FEDEXとJENの共同プロジェクト「田んぼへいこう」が行われ、手刈り、はざ架けしたお米の脱穀作業を行いました。ムラの人はもちろん、この作業の為に駆け付けてくれたボランティアの方が加わり、作業は順調に進みました。

 このはざ架けしたお米は、無農薬、無化学肥料栽培に初めて挑戦した田んぼのお米です。無農薬栽培では、ヒエなどの雑草を抑える事が大切で、今年はアイガモや米ぬかによる抑草技術を取り入れてみましたが、なかなかうまくいかず、大勢の人が田んぼに入って草取りをしました。結果的に物凄い手間暇がかかってしまいましたが、沢山の方と一緒に汗を流したことは、お米以外のもう一つの“収穫”であったように感じます。

 農業機械や農薬が普及し、米作りは昔と比べて格段に楽になりました。しかし、一方で農村から人は離れ、かつての賑わいが無くなってしまったことも事実です。

 今回の米作りを通して、「生産性」という言葉の意味をもう一度考え直してもいいのかもしれないと感じました。

籾山

山清水米のお買い求めは、こちらから

「Remember Chuetsu:日本一元気な村~池谷・入山集落の自立式~」

参加お申し込みは、こちらから

10月 21, 2010 田んぼへ行こう!! |