« 多くの世代が集う村へ | トップページ | 「生産性」とは »

2010年10月 7日 (木)

第3回 田んぼへ行こう!

10月1~3日の3日間、「第3回田んぼへ行こう!」へ運営ボランティアとして参加をした、海外事業部の鎌田です。今回の参加者は、スタッフ含め30名と、非常に大盛況となりました。

 2日目の朝食後、待ちに待った稲刈りです。稲刈りは、アイガモによる無農薬田んぼで手刈りをする班と、村の田んぼで機械を使った稲刈りをする班の2つのチームに分かれました。私はインド出身のご夫妻と運営ボランティアの方と一緒に、村の田んぼの稲刈りに参加しました。

101007_6  猛暑のおかげで、例年よりも早く稲は育ったけれども、9月後半の長雨で稲刈りができない状態が続いたため、多くの稲が倒れていました。そこでまず稲を立てるという作業から始まりました。その後、稲を刈り、トラクターへ投入する、といった一連の稲刈りの作業を続けました。私にとって初めての稲刈りは、とてもやりがいのあるものでした。そして昼食は、村の方のご自宅で、白く輝くごはんとご馳走をいただきました。

 夜の交流会では、村のみなさんが「天神囃子」という歌を歌ってくださいました。この地域に古くから伝わる歌は、時を超え、私の心に深く刻まれました。村のみなさんの温かいおもてなしに、いつまでもここにいたいと感じました。101007_7

 そして、星空の下でのキャンプファイヤー。参加者のみなさんと同じ流れ星を見たことが忘れられません。綺麗な空気、透き通る水、豊かな緑、愛くるしい動物、優しい村のみなさんと様々な背景を持つ参加者の方々。素晴らしい3日間を、池谷で過ごすことができました。

山清水米のお買い求めは、こちらから

「Remember Chuetsu:日本一元気な村~池谷・入山集落の自立式~」

参加お申し込みは、こちらから

101007_8

10月 7, 2010 田んぼへ行こう!! |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3回 田んぼへ行こう!:

コメント

皆さんをお元気ですか?新潟の焼野の池田です。この間は、大変貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。稲刈りは、小学生の時にした以来だったので非情に楽しかったです。また皆さんに会えるのを心待ちにしております。特にザックとまた会いたいです。(^-^)
来週から籾山君に太鼓を教えてもらいに行くので皆さん前で見てもらえるように頑張りますので楽しみにしていてください。ではまた・・・

投稿: 池田友幸 | 2010/10/09 12:35:40

コメントを書く