« アフガニスタンの芸術と文化:パート1 | トップページ | ゆめポッケを受け取った少女とその親御さん »

2019年2月12日 (火)

アフガニスタンの芸術と文化:パート2

非常に厳しい治安状況に関わらず、アフガニスタンの人々は様々な大切な行事の間に自分たちの伝統を追及しています。お祝い事の慣習の一つとして、「アタン ダンス」があります。アフガニスタンが起源で、このダンスはこの地で有名であるだけでなく、パキスタンのパシュトゥーン地域でも有名です。アタンは、アフガニスタンの国のダンスで、パシュトゥーン文化と共に、この地域の大部分で人気がありますが、他の地域の人々も踊ります。通常人々は、結婚式、婚約の際、大学の卒業式のお祝いの際、あらゆる種類の優勝の際に、踊ります。

Af_201902_02
スタッフみんなでチャレンジ

踊る人達は、太鼓、ラバブ(アフガニスタンの芸術と文化:パート1ご参照)、ハルモニウム(オルガンに似ている)とタブラと呼ばれる小さなドラムの音と共に輪になって踊ります。彼らはいつもゆっくりとはじまり、その歩調とダンスの速度は少しずつ上がっていきます。伝統的に、踊る人たちは長い髪を伸ばすべきです。なぜなら、ダンス中、彼らは自分たちの頭を振る必要があり、それはこのダンスにおけるリズムの印であるからです。でも、アタンダンスを踊る人全てが髪を伸ばす必要はありません。頭を振りながら、彼らはグループで 一歩ごとに手をたたきます。

共に男性と女性が踊りますが、しきたりのため、男性の前で女性は踊る事ができません。そのため、女性は女性の前だけでグループで踊ります。この踊りは、とても日常的なので、人々の多くがその基本的なルールを知っていますが、少し練習が必要です。簡易宿泊所に住んでいる学生たちは家族と離れて生活しているので、ハッピーな気持ちを持続するために、大抵毎週アタンダンスを踊っています。

2月 12, 2019 文化、生活、習慣 |