« ある帰還民の話 | トップページ | 困難にある人びとを支援するということ »

2018年2月22日 (木)

ザビフラさんと井戸

 ザビフラさんが難民として隣国のパキスタンに移住したのは12歳の頃でした。
 それから2度、ヨーロッパ行きを試みました。彼は言います。「中学校まで行きましたが、家が貧しく、それ以上、学業を続けられませんでした。そこで日雇い労働を始めましたが、人生の目的が見出だせず、お金を借りて、よい生活を求めてヨーロッパに行こうとしました。でも失敗しました」。

 ザビフラさんは2016年にアフガニスタンの故郷に戻りましたが、農地に乏しかったために一家は仕事を求めて別の場所に移りました。
 その後の生活について、こんな話をしてくれました。

*******************

 アフガニスタンに戻った後、政府が帰国を支援してくれると思っていましたが、実際には9,000アフガニ(約14,000円)しかもらえませんでした。兄弟となけなしのお金で2部屋の家を建てました。それでは手狭なので、他にテントを2つ建てています。

 今は手押し車に果物を積んで売っています。1日に250~500アフガニ(約400~800円)の売り上げですが、7人家族が食べていけます。

 生活は落ち着き、希望がもてています。しかし、私たちは水不足に悩まされています。
以前は25リットルあたり20アフガニ(約30円)で水を買っていました。でも、家から800メートルほど先にパキスタンで一緒だった友人が井戸をもっていることを知り、今は仕事帰りに子どもたちと一緒に水を分けてもらいに行っています。

 そんな私たちにとってJENが井戸を建設してくれていることはうれしいことです。

 JENが建設している井戸の維持管理委員会に入れてもらいました。井戸が完成したら、定期点検、点検や修繕のための資金を集めて管理すること、井戸とその周辺をきれいに保つこと、水質を保つこと、人びとに衛生について啓発することを心がけます。

 近所の人びとも水不足に悩まされています。井戸はまだ建設中ですが、子どもたちが「井戸はいつできるの?水を汲むのにお金を払わなくてよいの?」と尋ねてきます。皆、井戸の完成を心待ちにしているのです。

【水の入手と保管について説明するザビフラさん。
右側の黄色い容器で取水し、左側の青い容器に貯蔵します】
20180222_af_01


【子どもたちと甥たちに勉強を教えるザビフラさん。
彼らの将来に希望をもっていると話してくれました】
20180222_af_02

2月 22, 2018 井戸修復・建設 |