« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月12日 (木)

ゆめポッケの配布


ハリッドは小学3年生で、先生によると勉強熱心でおとなしい生徒です。お父さんは首都のカブールでタクシー運転手をしています。1週間前に先生からゆめポッケについて知らされたそうです。

201710012_af_harid1
【ハリッドくん】

いざゆめポッケを受け取ると、文具などが入っていて大喜びです。ハリッドは毎日ちゃんと学校に行くとあらためて誓いました。

20171012_af_given_the_dream_pocket2
【ゆめポッケの袋を開けるハリッド】

アフガニスタンの子ども達にはまだまだ文具を買ってくれる余裕がない家庭がたくさんあります。ゆめポッケは、そうした子ども達に学習することの楽しさと、夢を与えています。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

Afghanistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「アフガニスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

10月 12, 2017 教育支援 |

2017年10月 5日 (木)

家を守る女性を対象に、防災と減災を啓発しています

アフガニスタンでは自然災害が多く、この備えや対処には人びとの知識の向上が必要です。そして、コミュニティが一丸となって取り組むのが最も効果的です。

残念なことに、女性が自然災害の大きな被害者です。多くの女性が教育を受けられず、子どもたちや家族に自然災害への適切な備えや対処を伝えることができません。しかし、アフガニスタンでは彼女たちが家族の世話を行う要であるからこそ、彼女たちへの防災と現在の啓発は効果をもちます。

このような点から、JENは初めて主に女性を対象にした啓発を行いました。地震・洪水・火災などの災害への備えと対処について彼女たちは積極的に学びました。

その一人のミナさんは言います。

「多くの人びとが地震の際には一番安全な場所だからと屋根に登ります。でも、それは誤りであると分かりました。そして、正しい知識を他の女性たちに伝えます。」

20171005_af_with_jen_staff1
【ミナさんとJEN職員】

3日間の啓発にはビデオやグループワークなども取り入れました。参加者の一人は子どもが怪我をしたときのことを話しました。

「診療所は遠くにあり、薬局は閉まっていて、子どもの出血をどうやって止めたらよいか分かりませんでした。近所の人に助言を求めると、灰を傷口に塗り込めばよいと言うので、そうすると傷が悪化してしまいました。この機会に適切な対処法を学びました。」

20171005_af_caring2
【適切に手当中】

「これまでは単に被害者であった女性達が防災・減災に積極的な役割を果たすことができます。」と別の参加者は言います。今後の彼女たちの家庭やコミュニティでの活躍が期待されます。

20171005_af_session3
【参加の女性たち】

JENアフガニスタン事務所
フィールドオフィサー
ズフラ アフシャー


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

Afghanistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「アフガニスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

10月 5, 2017 女性自立支援防災教育 |