« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月21日 (金)

【緊急支援】アフガニスタン、ナンガハル県の帰還民へ、支援物資を配布しています



パキスタンには、アフガニスタン難民が約200万人暮らしていると言われています。そのうちの約60万人が、昨年からアフガニスタンへ強制的に帰還せざるを得ない状態です。

その多くは、家財を売り払って現金を確保し、なんとか帰還しました。しかし、ほとんどの人は長くて30年以上、パキスタンで避難生活をおくっていたため、もはや、アフガニスタンには身寄りがない、定住できる場所や仕事がない、など、厳しい生活状況に置かれています。

JENは、そうした帰還民1,000世帯に対する生活物資配布などの緊急支援を、3月からナンガハル県にて行っています。支援物資は、例えば生活用水を貯蔵するタンクや衛生用品などです。現在、約600世帯への配布を完了しました。

配布は、まだまだ続きます。

20170421_af_tent1

【帰還民の住まい(テント)】

20170421_af_toilet2

【帰還民のトイレ】

20170421_af_retrunees3

【帰還した人びと】

20170421_af_getting_nfi4

【物資を受け取った人びと】

20170421_af_staff_support5

【障がいがある人も物資を受け取りましたが、職員が運ぶ手伝いをします】

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

Afghanistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「アフガニスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

4月 21, 2017 支援物資配布, 緊急支援 |

2017年4月13日 (木)

「生徒たちの将来がとにかく楽しみ!」:ホフヤン・シャリフ女子学校校長のインタビュー

ホフヤン・シャリフ女子学校クジャ・アガー校長へのインタビューです。
20170413_af_principle1 
【クジャ・アガー校長(右)】

ホフヤン・シャリフ女子学校は、JENが支援をはじめるまで校舎がありませんでした。当初、生徒たちは借家で勉強をしていましたが、生徒の増加と共に教室数・水・トイレの不足、不衛生な環境などの問題が顕著になってきました。そのため、徐々に生徒たちは登校して来なくなり、学校にはもう行きたくないと家族に言うようにまでなりました。

この問題に加えて、女子高校は村の中心部から遠かったため、どうすれば女子が学業を続けることができるか、村で会合を開きました。そして、男子校の校舎と女子校が使用している借家を入れ替える提案によって、男子生徒は村から少し距離のある借家へ、女子生徒は村の中心にある校舎へ通学することになりました。

さかのぼること3年、2014年にJENの職員が事前調査のために村を訪問した時、男・女両校共に土地がない状態でした。教育環境を整えるために、村では一丸となって新しい土地を探しました。やがて、無償で学校用に使用できる場所をみつけました。さらに幸運なことに、JENの職員が村を再度訪問することになったのです。その時、資金不足の教育局の代わりに校舎とトイレ・水飲み場を建設することを提案してくれました。

2年後の2016年から、JENによる教室6部屋、トイレ6基、井戸、貯水槽、外周壁の建設と衛生教育、防災・減災教育がはじまりました。私たちはJENのサポートが決まったので、一部屋ではなく5つの教室が増設さることになったことを、とても感謝しています。

日本の皆様のおかげで、トイレや給水施設もできました。今、生徒たちは外周壁に囲まれた安全な学校で、清潔な水を使っています。教室では衛生や防災・減災について学んでいます。生徒たちの未来を想像すると、期待が膨らむばかりです。

このような日本とアフガニスタンの友好の歴史がいつまでも続きますように。

20170413_af_a_place_of_the_school2
【5つの教室の増設は着々と進んでいます】

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

Afghanistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「アフガニスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

4月 13, 2017 学校修復・建設 |