« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月30日 (木)

救急箱の設置

軽傷の怪我の治療や、怪我による感染症を予防するために、学校や家庭で救急箱をぜひ備えておきたいものです。

アフガニスタンでは、病院などの公的医療機関で治療を受けられる環境が整っていないことが多いにもかかわらず、ほとんどの人びとは応急処置についての知識がありません。救急箱があれば怪我から家族や生徒を完全に守り切れるとは限りませんが、怪我の悪化を防ぐことはできます。

救急箱の中にはいろいろ入っており、軽度であれば切り傷・擦り傷・捻挫・火傷などの外傷に対応できます。救急箱は学校や家庭に加え、イベント会場や乗り物、旅行中にも携帯しておくのが理想的です。

JENは、2011年以降に支援をおこなった全ての学校で、生徒への石鹸や歯ブラシなどの衛生用品に加え、救急箱を提供しています。

昨年、私はメイン・シャカー学校に衛生教育のモニタリングに行きました。この学校はパルワン県チャリカ地区にありますが、市街地からは遠く、人びとは病院へ簡単にいくことが出来ません。

私たちJENスタッフが学校に着いたとき、怪我をした生徒に会いました。生徒は登校中にガラスを踏み、足から出血していたのです。私はすぐに学校の警備員を呼び、二人で彼を学校まで運び、校長先生、教員、私の3人でJENが提供した救急箱を使って処置を行いました。

20170330_af_demonstrating_staff2
【JEN職員が治療の見本を見せている様子】

生徒はとてもよろこんでいました。応急の処置をしてもらわなければ、もっとひどく出血していたからです。

校長先生は3週間前にも、指を切った女の子の治療をおこないました。この女の子が母親と何とかして遠い病院に行こうとしているところを偶然発見し、学校に呼んで処置を行ったそうです。

20170330_af_injured_kid1
【足を切った子どもを治療している様子】

校長先生は多少の緊急手当ての知識があるものの、ほとんどの教員と村の人びとは救急箱の使い方が分かりません。JENは活動で衛生教育を行いましたが、教員からは、救急箱の使い方もぜひ研修してほしい、と言われました


スルタン カムーシュ
アフガニスタン事業フィールドオフィサー

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

Afghanistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「アフガニスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


3月 30, 2017 教育支援 |

2017年3月16日 (木)

パルワン県に大きな被害をもたらした大雪



2017年2月4日に降った大雪は、パルワン県の多くの人びとに被害をもたらしました。そのため2月8日、アフガニスタン国家災害対策本部と県知事は緊急会議を開催し、それぞれの政府部局の担当者およびJENを含む国際支援組織が出席しました。国家災害対策本部の局長が議長を務め、以下のような被害の概要を出席者に報告しました。

20170316_af_the_meeting1
【国家災害対策本部局長および関係者たちとの会合】

今回の大雪に関して、県内各地区から次のような被害状況の第一報が入りました。死者16名(スルヒ・パルサ地区のプリ・サンギ村で14名、シア・ギルド地区で2名)、けが人13名、家屋の損壊400棟(全壊および半壊)、そして県内の様々な地区で家畜347匹が犠牲となりました。

次いで議長は、これらの情報は口頭で伝えられたものなので、国際支援組織と県の担当者に正確な調査を要請しました。国際移住機関(IOM)と国連食糧計画(WFP)は被災家族に非食料物資と食料を提供することに合意し、NGOであるDanish Refugee Council (DRC)と国家災害対策本部は、負傷者や犠牲者がいる家族に現金を支給すると表明しました。

JENは、調査チームがチャリカ、バグラム、サイド・ヒル、ジャブル・サラジ、サランの5地区での調査を行うのに、スタッフ1名と車両1台を提供することに合意しました。そしてIOMがパルワン県の9地区で調査の指揮をとる一方、NGOと国家災害対策本部などの政府機関を含む5チームが2月9日から13日まで調査を実施することが最終的に決まりました。

JENのスタッフが入ったチームの調査では、チャリカ、ジャブル・サラジ、バグラム、サイド・ヒルで合計10棟の家が全壊し、34棟が一部損壊したことが分かりました。

治安上の問題から、JENをはじめとするNGOはスルヒ・パルサ地区とシア・ギルド地区での調査はできませんでした。そのため国家災害対策本部と赤十字国際委員会がNGOに代わって実施しました。一方、サラン地区の調査は雪で道路が封鎖されたため延期になりました。

調査の間、JENは被災したアフマッド・ワリさんにインタビューしました。ワリさんの家には部屋が2つと台所がありましたが、1部屋と台所が大雪のため損壊してしまいました。

ワリさんの家族は10人家族のため、一つの部屋で家族全員が就寝するには場所が十分ではありません。ワリさんは、厳しい天候の為に壊れたもう一部屋をすぐに修復するのは無理だと語りました。また、部屋を作り直す余裕がないのでNGOに支援を求めました。

20170316_af_researching_the_areas2
【大雪で壊れたアフマッド・ワリさんの家(チャリカ地区)】

ワリさんの家の調査後、DRCは冬の終わりとともにワリさんの家族のために2部屋、台所そしてトイレのあるシェルターを建てることを承認しました。

20170316_af_mr_walis_proparty3
【大雪で壊れたアフマッド・ワリさんの家の台所】

報告によると、国家災害管理省は対象地区の被災家族に対して非食料物資と食料と現金の支給を開始しています。

JENアフタニスタン
モハマド・ユーナス(技師)

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

Afghanistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「アフガニスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

3月 16, 2017 緊急支援 |

2017年3月 3日 (金)

【緊急支援】 パキスタンからアフガニスタンに強制的に帰還した人たちへの緊急支援を始めました

 パキスタンから強制的にアフガニスタンに戻った人の数は、62万人以上と言われています。(*)
 
 このたびの緊急支援では、帰還民1,000世帯を対象に、ジャララバードにて生活用品をパッケージにした支援物資の配布を行います。現在、配布に向けて調整中です。
Image2
 
 JENでは、このたびの緊急事態への対応に、ご寄付を受け付けています。
くわしくは、こちらへ
 
 (*)  UNOCHA(2017年1月29日). Afghanistan: Refugee Crisis Situation Report No. 6 (as of 29 January 2017)

3月 3, 2017 支援物資配布, 緊急支援 |