« 一滴一滴の水の大切さ | トップページ | 次の大きな課題:難民の帰還 »

2016年12月 8日 (木)

学校運営委員会(SMC)の設立


学校運営委員会(SMC)の主な仕事は学校内の問題を解決し、ニーズを満たすことです。この委員会の中心メンバーは保護者、教師、校長、地域の長老たちです。このメンバーたちは、学校の維持管理やそのためのコミュニティー、学校、関係者の間の橋渡しの役割を担っています。

JENは支援対象の30校にSMCを設立しました。メンバーに上記の人びとの他に生徒、教育局や国家災害対策本部も加わっています。JENはSMCに対して防災・減災や衛生教育、財務管理や設備の維持管理に関しての研修を実施しました。

SMCは具体的には学校施設整備や施設維持管理、そのための予算の獲得、関係者間の意見対立の解決などです。また、教師が生徒に防災・減災教育や衛生教育をうまく実施できるよう管理も行います。さらにSMCは政府や非政府組織や学校への投資者の間の調整も図ります。

Main Shakh 女子学校では貯水タンクや手押しポンプ式の井戸がありましたが、手押しポンプが壊れた後は長いことそのままになっていたため、きれいな水が使えませんでした。そこでJENはSMCに対して財務管理や設備の維持管理に関する研修を行い、このような問題をいかに解決するかについて費用の調達方法も含めて指導しました。その結果、SMCは生徒や教師や自分たちから資金を集めて手押しポンプを修理することができたので、清潔な飲み水を得るようになりました。

20161208_af_management_training1
【女子高でのSMCに対する衛生教育と財務管理に関する研修の様子】

20161208_af_management_training2
【男子学校でのSMCに対する衛生教育と財務管理に関する研修の様子】

韓国国際協力団(KOICA)によって建設されたBayan男子学校では構内の歩道が舗装されず、生徒たちは雨の日に大変な思いをしていました。しかしSMCができると、彼らは自分たちや生徒から資金を集めて歩道を舗装することにしました。そしてコミュニティーの人びともそのための労働力を提供しました。

20161208_af_walking_pavement3
【SMCが舗装した学校の歩道】

これらの話から分かるように、生徒や学校関係者や地域住民は当事者意識を持って学校の設備を維持・管理し、学校の安全を保ち、校庭の緑化を図っています。

20161208_af_a_guardens_in_afghnista
【SMCによって花が植えられた校庭】

SMCを設立して彼らに研修を行ったことは、教育局にとってもJENにとっても大きな成果となりました。

JENチャリカ事務所

フィールドオフィサー、 スルタン・モハマド・カムーシュ

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

Afghanistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「アフガニスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

12月 8, 2016 教育支援 |