« バダフシャン州地滑り被災者緊急支援 | トップページ | 新スタッフ紹介 »

2014年6月12日 (木)

バダフシャン州アブ・バリク村:被災地の子どもたち

 140612_3

 前回お伝えした通り、バダフシャン州のアブ・バリク村では、地滑りによって大量の土砂が丘の斜面から下の谷へ落ち、村人たちの家を飲み込みました。

 ジェンアフガニスタンチームは地滑り被災者の方々へ、衛生キット、手洗い石鹸、燃料缶、乳幼児用の哺乳瓶と粉ミルクを配布しました。

140612_4

 物資配布中、私は他機関から提供された物資の上に座っている子ども達を見かけたので、何をしているのかたずねました。子どもたちはジェンの物資配布場所を指さし、親が支援物資を受け取ってくるのを待っているのだと答えました。子どもたちのうち、マリアムという女の子とタヒールという男の子は、紙にペンで何かを書いている様子でした。

 私はマリアムに今回の災害と物資配布に関して、話を聞きました。
マリアムは地すべりが起きた時、家族と共に結婚パーティーの会場にいて、突然大きな騒音と村人たちの騒ぎ声が聞こえたので、皆で建物の外に出たそうです。自分の家のほうを見ると、完全に土砂に埋もれていて、恐怖とショックで声が出なかったといいます。
マリアムは学校に行くのが大好きなので、早く家と校舎が修復されてほしいと言いました。また、日本の支援者の方々へとても感謝しているとのことでした。

140612_5

 次に、私はタヒールに何をしているか聞きました。タヒールは笑顔で、「この紙に数字を書いているんだ」と答えました。

140612_6

 私にとって、支援物資配布の真っ最中に、集まった大勢の人に混じって子どもたちが忙しそうにペンで紙に何か書いている様子はとても驚きの光景でした。アブ・バリク村の子どもは、本当に学校が好きで、この災害の中でさえ、よりよい将来のために勉強を頑張っているようです。 

 ジェン・アフガニスタン事務所
 シニア・フィールド・オフィサー
 ハミドゥラー・ハミッド



【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

6月 12, 2014 支援物資配布緊急支援 |