« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月20日 (木)

パルワン県の気候

 ジェンが事業を実施しているパルワン県はアフガニスタンの中央部、カブールの北に位置します。同県は民族構成が多様な人口631,600人の農村社会であり、多くの住民は農業と畜産により生計を立てています。カブールとアフガニスタンの北部地域をつないでいるサラン幹線道路が通ることから、パルワン県は戦略的にも交通の要となっています。

 パルワン県は、夏は乾燥し、気温が40℃近くまで上がる一方で、冬は-20℃まで冷え込み、季節がはっきりと分かれています。1日の中での気温変化も激しく、冬の日中の気温は、明け方の零下から昼時の12℃まで幅があります。

 11月から3月の冬の間は、北風がロシア南部から吹き荒れ、猛吹雪、氷晶雨(日本ではめったに見られませんが、雲の中で作られた氷の結晶が落下中にとけて雨粒となります)、暴風をもたらし、一面が雪に覆われます。これにより、供給ルートとなるサラン幹線道路はいつも封鎖されます。

140220_charikar_snow

 
 
140220_snow2
 人々は冬が来る前に、燃料と薪を家に買い溜めますが、貧しい住民は燃料やその他暖を取るのに必要なものを手に入れることができず、いつも厳しい冬に苦しむことになります。
 

 冬の間はこのような多雪・多雨により工事ができないため、貧しい人たちの生計手段となる建設現場での日雇い労働もできません。

 例年、冬季は雪の影響で道路が封鎖されてしまうため、コミュニティの人々は伝統的な鋤を使って道の雪かきをします。

140220_road_cleaning_after_snow

 また豪雪のため、これまで災害により多くの人が亡くなっています。その中でも、2010年2月にサラントンネルで起きた事故では165人の通行者が亡くなり、135人以上の負傷者を出す悲惨な事態となりました。

 今年もすでにたくさんの雪が降り、厳しい寒さが続いています。パルワン県の人々は暖かい春を心待ちにしています。

 ミルワイス・オメルゾイ(ジェン シニア・フィールドオフィサー)

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

2月 20, 2014 文化、生活、習慣 |

2014年2月 6日 (木)

学校施設整備事業が無事完了しました

 2013年にジェンがパルワン県スルヒ・パルサ地区、ゴルバンド地区で実施した、JPF助成による学校衛生環境整備及び衛生教育事業は、同年12月に無事完了しました。この事業からジェン職員は多くの経験と学びを得ました。以下にその一端をご紹介します。
まず事業形成段階では、パルワン県教育局や行政関係者との会議を行い、その後、コミュニティのニーズを把握するために住民への調査を実施し、事業案を作成しました。

 事業開始後、ジェンのエンジニアとフィールド・オフィサーは教育局と打ち合わせを行い、各学校の建設事業地へ視察に行き、各学校関係者・コミュニティリーダーと長時間にわたる会議を行いました。会議では、コミュニティが事業へ参加・連帯するよう促し、ジェンの方針・使命、事業内容・目的を説明し、ジェンが契約する建設会社の紹介や、建設工事工程や研修の詳細な打ち合わせを行いました。この会議をもって、学校の校長先生、教員やコミュニティリーダーは学校管理委員会のメンバーとなり、事業の覚書を結びました。

【ゴルバンド地区Kana Khil中学校の学校運営委員会・教育局職員】 
140206_kana_khil

【工事前の学校管理委員会メンバーとの話し合い】
140206_kana_khil_2

 事業実施中、ジェンエンジニアチームは毎日学校の建設工事現場へ監督に行き、毎週建設会社と工事進捗会議を開き、進捗、工事の質の確認、教育省基準の適合、問題解決、治安状況対策について討議し、密な調整を行いました。

 事業地周辺では、反政府軍と政府軍の衝突が起こり、不安定な治安状況が続いていました。安全確保のためのコミュニティや教育局、各関係行政との強い連帯関係があったからこそ、事業を無事に進めて行くことが可能となりました。

 予定していた通りに活動が進まないことも多々ありましたが、職員一人一人が責任を持ち、計画通りに進めていくよう全力で取り組みました。また、常に事業の透明性を保つよう心掛け、コミュニティや学校の関係者から、ジェンの建設工事事業の質の高さに対して一定の評価をいただきました。

 ジェン・アフガニスタンプログラムは、アフガニスタン現場チーム(エンジニアチーム、衛生教育チーム、庶務・会計チーム、治安対策チーム)、イスラマバード遠隔管理チーム、東京本部チームが一つの大きなチームとなって活動しています。支援を必要としている人々が将来に希望を持てるよう、チーム全員が一体となって協力・サポートし合い活動を進めました。

 治安状況が不安定な地域において、学校施設整備事業を成功裡に終えることができたのは、ここに記したように、ジェン内外において事業にかかわる機関やスタッフとの連携、協力があったからこそです。関係機関およびスタッフの協力に感謝します。

【学校建設が完了したKana Khil中学校】
140206_kana_khil_3

JENアフガニスタン・チャリカ事務所 チーフエンジニア
シル・アリ


【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

2月 6, 2014 学校修復・建設衛生教育 |