« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月19日 (木)

イスラマバード事務所/縁の下の功労者たち

 JENのアフガニスタンへの支援活動は、イスラマバード事務所から遠隔管理体制で行っています。事業地やプロジェクトの管理にたくさんの人が従事している中、その活動を支えているスタッフ達がいます。
現在イスラマバード事務所には運転手4人、事務所清掃員、庭師、警備員が働いています。彼らもまた、JENにとって大切でかけがえのない人材です。

 事務所清掃員のナスリーンは、年長者で愛嬌深い女性です。いつも忙しそうに働いている反面、何かと相談や雑談をしてきて我々を楽しませてくれます。

131219_office_cleaner

 運転手のアブドゥル・ワヒッドはひょうきん者で、みんなを笑わせてくれます。突然歌を歌ったり等、いつでも楽しい雰囲気を作ることができる貴重な存在です。

131219_driver_cleaning_and_maintena


131219_driver_and_guard_resting

 他のスタッフもそれぞれ愛らしく個性的な面々です。JENは国際NGOとして、厳しい環境の地域で支援活動を日々行っていますが、直接事業地で活動を行う人たちの陰にはそれを支えるたくさんのスタッフがいます。彼らも他のスタッフと同じく支援活動の一端を担っています。

 2013年も年の瀬で、アフガニスタンでは間もなく今期の事業が終了します。今年もご支援いただいた皆様へ心から感謝するとともに、縁の下で現場を支えるスタッフにも1年間お疲れ様と感謝しています。

イスラマバード事務所
アフガニスタン事業総務/経理アシスタント
フメイラ・ワッハーブ



【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

12月 19, 2013 事務所・スタッフ |

2013年12月 5日 (木)

パルワン孤児院スクールへの筆記用具贈呈

 2013年11月18日、千曲国際交流協会様から筆記用具2422個を支援していただき、アフガニスタンイスラム共和国パルワン県チャリカ市にある、 パルワン孤児院スクールの生徒160名へ贈りました。

 贈呈当日は、ジェン現地職員のシニア・フィールド・オフィサーが孤児院を訪問し、ノート、鉛筆・色鉛筆、ペンとシャープペン、消しゴム、定規計2240個を、現在孤児院で暮らす子どもたちへ寄贈しました。残りは新入生へ寄贈するため孤児院で保管しています。

【当団体のシニア・オフィサーが筆記用具を寄贈】
131205_8

 パルワン孤児院は、パルワン県内にある唯一の孤児院であり、現在はパルワン県の他、周辺の5県からも孤児の学童が入所しています。
 同孤児院は過去に千曲国際交流協会様より、教室修復、トイレ設置、倉庫改修、天蓋の修復、そして厨房の修復を支援していただきました。また、公衆衛生省からは施設維持費、教育費、食費の支給と、年に2回の衣服の配布が行われています。

 しかしながら筆記用具の提供は今までなく、モスクからの寄付で賄っていたものの、常に不足している状態でした。そのような中、千曲国際交流協会様からのご寄贈により、生徒一人一人が筆記用具を持つことが出来るようになり、生徒たちはとても喜んでいます。

【筆記用具を受け取り、喜ぶ生徒たち】
131205_9

 孤児院院長であるAbdul Wahid氏は、「決して忘れることの出来ない温かいご支援をいただき、心から感謝しています」と、お礼を述べました。

【感謝の気持ちを表す、パルワン孤児院院長】
131205_10



【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

12月 5, 2013 教育支援 |