« セキュリティー・トレーニング | トップページ | 世界手洗いの日 »

2012年10月19日 (金)

アフガニスタンの子どもたちへ「ゆめポッケ」が届きました

 昨年に引き続き、今年もアフガニスタンのパルワン県バグラム地区で、学校27校の1年生から3年生までの児童7087人に、ゆめポッケを配布しました。ゆめポッケの配布は、今年で7年目を迎えます。

20121016_4

日本からアフガニスタンに届いたゆめポッケ

 パルワン県バグラム地区では、今年に入っても反政府武装勢力による空軍基地への攻撃が見られています。周辺地域に住む子どもたちは、日頃から危険と隣り合わせの環境で生活しています。多くの子どもたちは家庭の経済的理由から、自由におもちゃや文房具などの買い物に行くことすら難しいことも事実です。このような状況下の子どもたちへ、日本の子どもたちからの大切な贈り物をお届けした様子を紹介します。

20121016_69月19日に配布を実施したバグラム女子学校にて

20121016_7
10月3日に配布を実施したアラウディン中学校にて

20121016_8
「文房具やおもちゃが沢山入ったプレゼントをもらうことができ、本当に嬉しいです。
頂いた筆記用具を勉強のために大切に使います。どうもありがとうございました」
ゆめポッケを受け取ったサフィアさん(カラベランド女学校、3年生、9歳)

20121016_9

「娘に素敵な贈り物を届けて下さり、大変感謝しています。
娘は頂いたおもちゃや文房具を使用し、遊びや勉強を通し、楽しく有意義な時間を過ごしているようです」
カラバヤジッド女子学校でゆめポッケを受け取った娘の父親ヘダヤトゥラさん(55歳)

20121016_10
10月4日に配布を実施したショマンザイ学校にて

日本の子どもたちが、手作りのポッケにおもちゃや文房具などの沢山のプレゼントを詰めた「ゆめポッケ」を受け取って、アフガニスタンの子どもたちは、とても喜んでおり、日本の子どもたちに感謝しています。

10月 19, 2012 教育支援 |