« 2012年の事業のための調査開始 | トップページ | チャリカ女子学校支援 »

2011年8月11日 (木)

イフタール

 先週、アフガニスタンやパキスタンなどのイスラム諸国は、ラマダン月に入りました。ラマダンの期間中、日の出から日没まで、飲食や喫煙などを絶ちます。日頃食べているものにありがたみをもつ、神聖な期間なのです。

 地域によって断食する時間が異なり、また期間中、断食の始まりと終わりの時間も少しずつずれていきます。パキスタンやアフガニスタンでは、朝3時半ごろから夕方の7時ごろまで断食します。断食を終えた後の食事のことを、イフタールといいます。

 今回はそのイフタールの様子をご紹介します。

110811_2   

110811_7 

 イスラマバードのマルガラ山頂の、庶民に大人気のレストランです。イフタール時は、あらゆるレストランで、イフタール・ビュッフェが用意され、本当に大勢の人で賑わいます。マーケットの店頭にも大量の料理が並びます。

110811_3 

 家族や友人などと集まり、みんなで食事を共にします。長時間の断食を終えた後、まず、デイツや水を摂取し、メイン料理を食べていきます。

110811_4 

 コックも大忙し。カバブを次から次へと焼いています。ウェイターも、大量の料理を持ちながら走り回っています。

110811_5 

 ナンやカバブ等のパキスタン料理。適度にスパイスが効いていて、とてもおいしいです。イフタールの食事は、食べ物へのありがたさが感じられます。そして家族や友人などと大勢で一緒に食べることも格別です。

 この際、みなさんも断食にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

====== ご報告 =============

平成23年度 外務大臣表彰受賞しました。

これまで、JENの活動を温かくご支援くださいました、
支援者の皆様に、深く感謝申し上げます。
詳しくは、こちら

========================

8月 11, 2011 文化、生活、習慣 |