« アミヌ・ラーマン女子学校で生徒たちが学んだ衛生知識 | トップページ | イフタール »

2011年7月28日 (木)

2012年の事業のための調査開始

 先日、来年実施する事業のためのニーズ調査を開始しました。今回JENのフィールド・オフィサーたちは、パルワン県のジャワルサワジ地区の33校とバグラム地区の44校のすべてを訪れました。そこで、学校の水衛生環境や施設の現状を把握するとともに、学校の先生や村人、保護者を対象に聞き取り調査を実施しました。

110728_6

 教室の天井部がむき出しになっている学校がありました。物が落ちてきてもおかしくないとても危険な環境で子供たちは勉強に励んでいます。

110728_7


 同じ学校では、生徒数に教室の数が足りないため、外でも授業をしています。

110728_8 

 教室の一面がない学校もあります。

110728_9

110728_10

 同校では、トイレの環境も良くありません。ドアがなく、近くに手洗い場も見当たりません。水道はあるのですが、水が出ず、ゴミなどが詰まっており、手が洗えない環境です。

110728_11

110728_13 

 また、この様な、衛生状態の良くないわき水や小川が唯一の水源になっている学校も複数あります。

 2012年、今後も引き続き実施する調査結果をもとに、パルワン県内の、JENがまだ支援をしていない地区の子どもたちを対象に、水衛生環境整備や衛生教育などの支援をする計画をしていきます。

====== ご報告 =============

平成23年度 外務大臣表彰受賞しました。

これまで、JENの活動を温かくご支援くださいました、
支援者の皆様に、深く感謝申し上げます。
詳しくは、こちら

========================

7月 28, 2011 水衛生環境改善衛生教育 |