« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月17日 (木)

引越しに必要なもの

 アフガニスタン事業の遠隔管理拠点であるイスラマバード事務所が、1月中旬に移転しました。

 新事務所での仕事環境をなるべく早く整えようと思い、移転前から時間を見つけては準備を進めていました。しかし、実際移転すると、基本インフラほぼ全て(水、電気、ガス、電話、インターネット、、、)に問題が発生したのです。

 協力的な大家さんのもと、問題を一つ一つ解決していったのですが、ここは日本ではありません。

 今日来ると言った修理業者が一向に現れないのは当たり前。一度状況を見に来て、またすぐ来ると言っても現れず、次の日に来ることもしばしばありました。新事務所用のデスクセットを購入しても、約束の時間に届けてくれることは皆無でした。

 
 さて、最近ようやく、問題が落ち着いてきました。そこで思うのが、、事務所の移転も、支援活動の一例だということ。事業を遂行するためには、我々の想像以上に時間がかかります。継続してより良い支援を行なっていくためには、忍耐力が必要です。事務所の移転だって、例外ではありません。

移転から約1ヵ月が経過した今。事業に集中できる環境が整いつつあります。

Cimg1238_ks_2 新しい事務所の大きな窓からは、いつも明るい光が入ります。

2月 17, 2011 事務所・スタッフ |

2011年2月 3日 (木)

新スタッフの自己紹介

 110203_ajmal_acciri_3 私はこの度JENのアフガニスタン事業で働くことになった、アジュマリ・アシリと申します。カブール医科大学を卒業して、現在30歳になります。

 私はこれまでアフガニスタンの団体や外国の団体で様々なプロジェクトに参加してきました。
 今年の1月からはパルワン県の北部でJENが実施している衛生教育プログラムで、忙しく働いています。

 私は以前、アフガニスタンの公衆衛生省でソーシャルモービリゼーション・コーディネーターとして働いていました。この時は“参加型学習と行動”というプロジェクトのリーダーを務め、プロジェクト対象地域の人たちで構成される地域開発委員会の設立を支援しました。

 また、農村復興開発省で働いていた際には、カブールの衛生教育担当官として衛生教育プロジェクトに参加しました。私はプロジェクト開始前に地元の人びとの衛生に関する知識や習慣に関する調査をし、その後で政府の基準そって衛生教育トレーニングを実施していました。

 今後は私の経験を活かして、パルワンの人びとの衛生状態の向上に貢献したいと思います。
 よろしくお願いいたします。

 アジュマリ・アシリ

2月 3, 2011 事務所・スタッフ |