« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

ゆめポッケを子どもたちに届ける時のお話

 アフガニスタンは34の県で構成されており、パルワン県は10の地区から成り立っています。いくつかの地区では、治安の問題や、直通の道がないために、日用品を買い揃えるために市場まで行くことが困難です。以前私が「2011年水・衛生事業」の需要調査のためにパルワン県のサラング地区の学校を訪問した時、それぞれの学校は山の中の交通アクセスの悪い場所にあり、子どもたちが市場に行って文房具を買うことができない状況を目の当たりにしました。このことは私を悩ませました。

 そんな時に、JENがサラング地区の23の学校の1年生から3年生の子どもたちに対して約2800個の「ゆめポッケ」を配布する事業を行っていることをききました。パルワン州の中でもこの地区の子どもは支援をもっとも必要としているので、今年1月にJENに加わった私は、この事業のことを知って大変うれしく思いました。JENは毎年継続しており、今では県の380校のうち3分の2への学校に届けました。

 ゆめポッケの配布を9月15日に始めました。日本から綺麗に梱包されて送られてきた巾着袋を手渡すと、子どもたちがとても喜ぶ姿が目に飛びこんできました。袋を開いてノートやペン、鉛筆、おもちゃを見た子どもたちの表情には、さらに喜びが溢れていました。
 これは、子どもたちにとって初めての貴重な体験となり、ゆめポッケを送ってくれた遠い日本の子どもたちに「ありがとう」と言っています。アフガニスタンの子どもたちは、厳しい環境での貧しい生活の中でも、勉強したいと願っています。このプレゼントは、子どもたちの希望を叶えてくれるのです。

 私はアフガニスタンのすべての国民のより良い未来と、現地の人々を支える人道支援団体の成功を心より願っています。近い未来に私たちアフガニスタンの人々が、自分たちの手で国の復興をもたらすことを願っております。

スルタン・カーモーシュ
フィールド・オフィサー

アフガニスタン活動報告会開催!

2010年10月21日(木曜日)

18:30~20:30

@JEN 東京本部事務局

お申し込みは info@jen-npo.org

9月 30, 2010 教育支援 |

2010年9月16日 (木)

アフガニスタンのイード・アル・フィトル祭(イード・ラマタン)とは

 イード・アル・フィトル祭(別名:イード祭)は、イスラム月第9月を意味するラマダーンの終わりを示します。イスラム教徒は、聖クルアーンによって、断食を行う聖なる月・ラマダーンの最後の日に、断食を終えるようにと告げられます。イードとはアラビア語で“祝祭”、フィトルは“清めること”を意味します。つまり、断食を終えた後のお清めを表しています。

 アフガニスタンのイード祭には、それだけではない、大変重要な意味があります。

 まず、祭典に備えて、イスラム教徒は祭典の10日前から家の掃除を始めます。そして、家に招いた人を歓迎するために、お菓子や新しい服を買い揃えます。

 祭典では、初日の午前8時半か9時頃から、イードの祈りを始めます。そして、皆が抱き合い、素晴らしい祭典であることを皆で祝います。その後、家に戻り、家族と祭典を祝福します。「エイデ モバーラク!(良いイード祭を!)」という言葉を掛け合いながら、祈りや断食がアッラーに認められるよう祝います。そして、各家庭では子供たちにお小遣いを渡すこと、日頃会うのが難しい家族や友達に会いに行くことも、お決まりです。

 このように、ラマダーン月の最後に行われるイード・アル・フィトル祭では、大切な家族や友達と一緒に過ごし、また、病気の人や貧しい人を助けるために過ごします。

9月 16, 2010 文化、生活、習慣 |

2010年9月 2日 (木)

チャリカ孤児院のキッチン修復完了

 支援者の皆さま、そして千曲国際交流協会様(長野県)のご支援で毎年実施している、パルワン県チャリカ市の孤児院修復事業が、今年も無事終了しました。

100902outside_of_orphanage_kitchen2  チャリカ孤児院は政府が運営する孤児院ですが、予算不足から適切なメンテナンスがされずボロボロの状態でした。千曲国際交流協会様は2005年から、ある年は教室とトイレ、ある年は倉庫と天蓋、といったように、毎年この孤児院を修復するために寄付をしてくださり、少しずつ立派な建物になって行きました。

100902jen_delegation_checking_the_i  今年はキッチンを修復したので、この孤児院で生活する子どもたち約140人が清潔なキッチンで食事ができるようになりました。

 

 

100902sink_of_orphanage_kitchen_3   アフガニスタンのように10年、20年と混乱が続く国では、支える側にある人びとの関心がだんだん薄れる傾向にあります。そんな中、毎年継続してアフガニスタンの子どもたちのために支援を届けてくださる千曲国際交流協会様に深く感謝を申し上げたいと思います。

9月 2, 2010 |