« ペシャワールのアフガニスタン難民の生活 | トップページ | アフガニスタンの教育の現状 »

2010年6月24日 (木)

イスラマバードのアフガニスタン人

 100624_islamabad_f10_022 昨年の5月半ばに、JENの事業を遠隔管理するため、プログラムオフィサーとして隣国パキスタンのイスラマバードに赴任しました。それから1年経ちます。この1年間、アフガニスタンの治安は回復の兆しを見せるどころか、大統領選挙が行われた昨年の8月以来悪くなる一方でした。そのため、私たち国際スタッフにとっては、アフガニスタンへの出張も控え、パキスタンから100%遠隔管理となった1年でした。

 事業地に行けない状況で、お隣のアフガニスタンが遥か遠くに感じられるかといえば、意外とそうでもありません。イスラマバード事務所では毎日、パキスタン人スタッフがカブール事務所のスタッフと、共通語であるパシュトゥン語で電話のやりとりをしているのを聞きます。一歩外へ出れば、いつも行くマーケットの八百屋さんも、時折お昼ごはんを買うパン屋さんも、アフガニスタン人のお店です。日常のちょっとした食品を扱うお店も、多くはアフガニスタン人が経営しています。まだ見ぬ土地でありながら、其処ここでアフガニスタンの人に出会います。いったい、どれほど多くのイスラマバードのアフガニスタン人が、祖国へ帰る日を待ち望んでいることでしょうか。

 この国の一日も早い復興を祈りながら、今後も隣国パキスタンから持続可能な自立支援を続けていきます。

6月 24, 2010 文化、生活、習慣 |