« 先生へ、そして子どもたちへ | トップページ | 再び金メダルを目指して »

2010年3月 4日 (木)

アフガニスタンにおける人道支援

100304  2010年1月19日からJENのアフガニスタン事業のためにチャリカ事務所で勤務することになりました、スルタン・ハムーシュです。

 30年もの戦争の間、アフガニスタンの人びとは、人道面、政治面、経済面、文化面など多方面にわたる問題で苦しんできました。

 タリバン政権崩壊から8年経ち、国際社会によって何十億ドルもの支援が提供されてきましたが、アフガニスタンはいまだに貧困と治安の問題が残ったままで、首都カブールやその他の地域でも女性や子どもが生きるために物乞いをしています。アフガニスタン政府は、人びとの生活を改善する明確な計画を打ち出すことができていないようです。

 人道支援はこのような問題に応えるためにあります。人びとが住む家を追われた時には、彼らの置かれた状況を調査し、支援や保護を提供します。たとえば、彼らが家に帰ることができるように、紛争を起こした当事者と話し合いを行ったりしています。

 しかし、アフガニスタンでは今のところ、避難民の発生という問題について十分に理解されているとは言えません。それは、現地の治安があまりに悪く、どれだけの人が避難民となり、すでに故郷に戻った人はどのくらいいるのかといった現場の情報が得られないからです。

 現在、都市部と地方の両方において、貧困にあえぐアフガニスタンの人びとのために、NGO、国際社会、アフガニスタン政府が連携した貧困削減と人道支援のためのプログラムが求められています。また、政府や国際社会からの支援のための資金が公正かつ効率的なルートで提供されるよう、NGOが目を配ることも必要です。政治的な意図を持たない資金、支援を受ける人のバックグラウンドに左右されない公平な支援が非常に大切となるのです。

 全てのアフガニスタン市民により良い未来が訪れることを私は願っています。困難な状況でもアフガニスタンの人びとを一生懸命支援する人道支援団体の努力が成果を上げ、人びとが自分たち自身の手で生活ができるよう、活動を続けてゆきます。

3月 4, 2010 文化、生活、習慣 |