« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月19日 (木)

学校を建てるということ

091119_mraarahimi_and_mr_feda_muham  今年の4月に建設を開始したパルワン県チャリカ地区のヘマヤトル・アスラム高等学校は、12月半ばの完成を予定しています。95%以上が完成し、もうすぐ建物の上塗り作業と電気の配線工事が始まります。

 10月に撮った写真左は、このマヤトル校の建設工事を請けて下さっているアフガンアメリカンカンパニーのラヒミ社長、右はエンジニアのフェダ・ムハマド氏です。ラヒミ社長はこう話します。

091119_h_installation_of_isogam_is_  「アフガニスタンの70%以上の人は読み書きが出来ません。きちんとした教育なしには、この国の発展はありません。

 私自身は奨学金を受けて米国カリフォルニア大学でエンジニアリングを勉強し、英国オックスフォードで都市デザインの修士号を取りました。アフガニスタンが共産国だった時代には、サウジアラビアの大学で助教授として教鞭をとっていたこともあります。

H_isogam_on_the_roof_is_completed_2  その後、国の復興のためにアフガニスタンに戻り、今の会社を設立しました。これまで省庁官舎や病院の他、学校や一般住宅などを建てました。これからも多くの学校を建設し、国へ貢献するつもりです。

 建設作業は、雇用も生みます。今、この国で何よりも大切なことです。」

11月 19, 2009 学校修復・建設教育支援文化、生活、習慣 |

2009年11月 5日 (木)

皆さまへ心よりの感謝をこめて

 今回は、いつも支援速報を読んでくださっている皆さまに、現地スタッフから届いたばかりのアフガニスタンの子どもたちの写真をご紹介したいと思います。

 下の写真は、9月からパルワン県チャリカ地区の16校を回って小学生に配布事業を行ったときの写真と、同地区で10月に修復を終えた孤児院での一コマです。

 皆さまからのご支援に心から感謝の意を述べさせていただきます。

091105__63_parchi_11_g2_03db2009_4 1.女子学校の写真

Pacha11小学校の2年生クラスの女の子達です。

091105_suhrab_grade_2_age_8_da_mu_22.Da mullah yusof小学校の2年生8歳のスフラブ君

この学校は校舎がなく、子どもたちはモスクの一部を借りて勉強をしています。彼のいるクラスが好きだそうです。

091105_orphanage_hand_over_33.国営チャリカ孤児院

約150人の子どもたちが生活をしている孤児院です。子どもたちの後ろに写っているのは、備品や生活用品を保管・管理できる倉庫です。10月半ばに天蓋の修復とともに改修を終了しました。

11月 5, 2009 |