« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月21日 (木)

新しい仲間

 5月15日深夜、パキスタンのイスラマバードに到着しました。荒木名穂子です。私はこれから、現在アフガニスタンでの事業を遠隔管理で、ここパキスタンから担当する予定です。

 アフガニスタン国内の治安悪化のため、JENの国際スタッフは一昨年の10月以来、アフガニスタンの首都カブールには駐在できなくなりました。遠隔管理3年目の今年、アフガニスタン人スタッフが現地での活動を直接実施する傍ら、私はこのイスラマバードからアフガニスタン事業を円滑に進めるために必要な業務を行っていきます。

 遠隔管理で事業を実施するなかで、Face to Faceのコミュニケーションが出来ないことが原因で、スタッフ間に軋轢や小さな誤解が大きくなったり、精神的フラストレーションが蓄積しがちになるという弊害も生まれます。そのため、アフガニスタンの現地スタッフとの事業遂行には通常の何倍ものコミュニケーションそしていわゆる労力を要します。

 心身ともに健康な状態で質の高い支援を継続していくために、スタッフは意識してストレス解消に努めることが必要です。しかし、イスラマバードでの外出先は、治安面で制約がありますし、女性の場合はさらに、パキスタンの慣習を考慮すると、昼間でも一人歩きなどは自粛をした方がよいようです。

 このような環境下のパキスタンでの生活に慣れるには少し時間がかかりそうですが、今から何を発見できるのかが楽しみでもあります。心身健康で、同事業担当の仲間と共に力を合わせて、アフガニスタン事業を実施していきます。

 支援者の皆様、今後も引き続きアフガニスタン事業へのご支援を賜りますよう宜しくお願いいたします。

5月 21, 2009 文化、生活、習慣 |

2009年5月 7日 (木)

アフガニスタンのテレビ事情

07052009  現在、都市部では比較的電力供給が安定し、8割のひとがテレビを見ることが出来ると聞きます。一方で、効外の村ではインフラ整備が遅れ、電力の供給不足で誰もテレビを見れないのでしょうか。いいえ、ちがいます。村では、車のバッテリーから発電する人も時々いますが、一般的には、テレビを持っていて電力を得ることが出来る家に、大勢の人が集まります。

 今、アフガン人に最も人気の高い番組は、民放テレビ局で放送しているインドの恋愛ドラマです。ダリ語(アフガニスタンの現地語)に翻訳されていて、多くのアフガニスタン人が見ています。ゴールデンタイムに放送している連続ドラマで、ほとんどの人が毎晩夜8時半から30分、この番組を見るためにテレビの周りに集まります。数年間継続している長寿番組で、視聴者の心をつかんでいます。

 アフガン人はテレビを見るのが大好きです。国には14のローカル放送局があり、24時間放送です。映画は、アフガニスタンの映画だけでなく、トルコ、イラン、エジプト、アラブ諸国やアメリカの映画なども見ることもできます。

インフラが整い、もっと多く人がの番組をみることができるようになったらと思っています。

5月 7, 2009 文化、生活、習慣 |