« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月 8日 (木)

9ヶ月、週6日、毎日2時間

Workshop1_2  去る11月、9ヶ月間行われてきた識字コースが終了しました。修了式では識字局の職員が見守る中、147名の生徒が修了証書を受け取りました。

 2006年2月よりカブール第3地区で実施した識字事業は、2007年1月末に終了。

コース修了後に行った意識調査によると、受講期間中にほぼ全員の参加者が識字の必要性を認識し、自分の家族に字を教えたと言います。また、「9ヶ月、週6日、毎日2時間」のコースに通い続けた生徒には、次のような変化が見られました。

 たとえば、コース開始前には4分の3以上の参加者が数字を読めず、そのために生徒のほとんどが電話を使えませんでした。ところが、今では文字や数字といったツールで容易にコミュニケーションができるようになりました。

 また、文字を使ったワークショップでは、生徒たちが、①身近な生活に欲しいもの、②それを手にいれる方法、③手に入れる上での困難さ、④手に入れるために自分たちにできることを、紙に書きながら話し合いました。生徒たちは、文字を使って自分の気持ちを表現できるようになったと言います。

Consulting_each_other4  長く厳しい冬が続くアフガニスタンでは、3月末に新学期が始まります。JENは事業が終わった後も、公立学校や公の識字教室で学ぶ意欲のある生徒を継続して最後まで見届ける予定です。

アサヒコム「国際支援の現場から」好評連載中!

       ★★募金のご協力のお願い
郵振振替⇒こちら
銀行、ジャパンネットバンクからのご寄付は⇒こちら 
クレジットカードでのご寄付は⇒こちら

2月 8, 2007 女性自立支援 |

2007年2月 1日 (木)

カブールで新年を迎えて

22006 新年明けましておめでとうございます。

JENカブール事務所長の柴田哲子です。

 みなさま、どのようなお正月を過ごされましたか?

 私は、日本人スタッフの二人にお休みを取ってもらい、ここカブールにて、ひとりで新しい年を迎えました。今年のお正月は、イスラム教の祝日である「イード休暇」と重なり、贅沢にも5連休でした。10月末に赴任してからというもの、息をつく暇もないくらい、日々の仕事を必死にこなしてきましたので、ようやくゆっくりと、これまでの2ヶ月間を振り返り、今後について考える時間を持つことができました。

 皆が仕事にやりがいと誇りを持つこと、また、自身の成長を楽しみ、それに対しJENが適切に評価を行うことなど、今年は、国際スタッフ、現地スタッフともに、プロとして最大限の力を発揮し、これまで以上に現地のニーズに合った質の高い支援を行える強い組織作りに注力していきたいと思っています。

アサヒコム「国際支援の現場から」好評連載中!

       ★★募金のご協力のお願い
郵振振替⇒こちら
銀行、ジャパンネットバンクからのご寄付は⇒こちら 
クレジットカードでのご寄付は⇒こちら

2月 1, 2007 |