« 2002年8月 | トップページ | 2002年10月 »

2002年9月25日 (水)

今、カブールに住むということ(駐在員椎名カブール日記)

 ISAFのヘリコプターが爆音を響かせながら、事務所の上を飛んでいった。9月9日のマス-ドの命日から9月11日までの3日間、カブール事務所では外出を最少限にするとともに、地下室に水や医薬品などを用意して何かが起きた際に備えた。8月の末から今月初めにかけて、カブールでは爆弾テロと思われる爆発が相次ぎ、死傷者がでている。私も以前行ったことのある建物や市場での爆発のニュースには、耳の後ろに誰かの冷たい視線を感じている気分にさせられる。現地スタッフが教えてくれた噂によると、カブールには34台の車爆弾が潜入したが、そのうちの1つが今月初めにバザールで爆発した物、もうひとつは警察が発見し、その他はまだカブール内に潜伏しているのだという。誰がどこでそんな噂を流しているのかわからないけれど、カブール市民がまだこれからも爆弾騒ぎがあると強く信じていることは確かである。8月中旬にはUNHCRから、借りている車についているUNHCRのロゴをはずすようにとの指示があった。理由は知らされていないが、車に爆弾が仕掛けられたり、狙撃されるのを恐れての処置ではないだろうか。

 自由に外に出て買い物や仕事が出来ないというのがこんなに嫌な感じだとは、ここに赴任するまで知らなかった。水の中を歩いているような、胸を軽く圧迫されている感じがして、とりあえず庭に出てみる。この事務所がある地域は、国連機関のゲストハウスもある治安の良い所だけれど、夜中、門に何かがぶつかった音がしたり、外で誰かが話しているのが聞こえたりすると落ち着かなくなる。神経過敏だとは思うのだけれど、最悪の事態のシナリオが頭に浮かんできて何度となく門を見に行ったりしてしまう。カブールではないが、チャリカにあるジェンの事務所では先月の終わり、石が投げ込まれるという事件が起こった。犯人や動機は不明だけれど、不安はいつも空気のようにこのカブールにもある。

 カブールのローカルスタッフの話は、今カブールで生活する人々の心情を垣間見せてくれる。彼の息子がバザールに買い物に行くというので、彼は息子がテロに遭う事を恐れてそれに反対した。紛争中もアフガニスタンに留まった彼は、今でも紛争はまだ終わってはいない事を強く感じている。息子を引き止める彼に、彼の妻がはっきりと言った。「あなた、引き止めるのは止めましょう。息子にもし未来があるならば生き残るでしょうし、そうならなければそれが運命なのでしょう。」

 衛星放送が見られる事務所のテレビでは、ニューヨークでの同時多発テロの犠牲者に対する追悼式典の様子が流れている。テレビの中の空には戦闘機が舞っていた。私は、自分のいる場所とブラウン管の向こうの世界との奇妙な距離感の中で、今日一日が無事過ぎ去っていったことに感謝した。

9月 25, 2002 事務所・スタッフ | | コメント (0)

2002年9月18日 (水)

アフガニスタンにいるクジラの話3(駐在員椎名カブール日記)

 「アフガニスタンのクジラ」は、私の中にもある。

 市長などを訪ねて、私達のシェルタープロジェクトに関する協力を依頼するため、チャリカでミーティングを開いた時のことである。約束時間に40分近く遅れてしまった私や他のジェンスタッフは、先ず遅刻に対してお詫びを申し上げた。余談だが、私の知っているアフガン人の多くは、時間の約束をちゃんと守る。そのとき、同席していたチャリカ50村落の長が静かに、しかししっかりとした口調で話し始めた。

 「私の村にはこれまでにも多くの人々が援助の申し出をしにやって来た。早朝に私の家の門を叩き、農業支援のために力を貸して欲しいといってきた団体もある。それらの多くが、その後全く音沙汰なしだ。時間でも支援活動でも変わりはない。出来ない約束ならしないで欲しい。」

 私はこの老人の言葉に自分の支援に関する意識の甘さを突かれた思いがして、しばらく顔が上げられなかった。
 私の短い現場経験の中で学んだことで恐縮であるが、支援活動は現地の方々の御協力なしには成し遂げられない。現地の文化、伝統、社会構造を学ぶこと。本当に今必要な支援は何か、村人と相談すること。その土地に合った、プロジェクトの効果的、効率的な実施方法を話し合うこと。土地の治安状況を教えてもらうこと。逆説的だが、私達は受益者の方々によって助けられながら支援をするのである。そのためにはまず、受益者の方々に信頼される、認められる団体になることが必要である。口ではなく、行動で私達の支援への意志を伝えること。調査・視察は大事だが、先ず小さなことでいいから目に見える支援を実行すること。出来ない約束はしないこと。受益者からの大きな期待を一身に受ける支援現場では、これらのことを守るのは想像以上に難しい。

 在のアフガニスタンにおける国際的な支援活動の嵐の中で、支援金に群がる「アフガンのクジラ」ではなく、一緒に行動する仲間として認められたいと考えるのは甘いだろうか。大きなプログラムの計画も大事だけれど、井戸掘りのひとつでもいい、今から小さな支援の実績を積み重ねないとアフガニスタンの人々からの信頼を失い、今後の支援が的外れなものとなってしまうと心配するのは杞憂だろうか。私は「アフガンのクジラ」の話が正しいかどうかという事とともに、この話が生まれたアフガンの人々の国際支援に対する意識が気にかかる。

9月 18, 2002 事務所・スタッフ | | コメント (0)

2002年9月 5日 (木)

子どもたちの夢をかなえる新しい教室

21_1s  「第16小学校」の後修復工事は着々と進み、8月1日に工事が完了しました。それでは、現地カブールから入った完了報告をお届けします。

【修復事業の背景】
 1998年に建てられたこの学校には、8つの教室、1つの集会室、2つの倉庫とトイレがあります。内戦の混乱と、国内避難民が住み着いていたことで、ひどく荒廃しており、学校の定員は1,200人と言うものの、現在は2,050人(男子1,386人、女子664人)の生徒たちが、39人の先生(男性23人、女性16人)のもとで、1日3交代で勉強をしています。また、避難民のカブールへの帰還数の増大に伴って、生徒の数も増え続けているのが現状です。21_2s

【事業の内容】
 このプロジェクトでは、学校に通う生徒たちがより良い学校施設で学ぶことが出来るようになることと、国連開発計画(UNDP)との協力による、「UNDPアフガニスタン復興・雇用プログラム(REAP=Recovery and EmploymentAfghanistan Programme)」の一環として、90人(20人の建設業経験者と70人の未経験者)の人に対して一時的ではあっても、仕事に就く機会を持ってもらうことが出来ました。修復工事は今年6月22日の着工式から始まり、8月1日に完了しました。
 1つの教室と守衛室、トイレ、廊下、テラスが新しく建設され、8つの教室の天井と壁が塗り替えられ、そして、1つの集会室とキッチン、2つの倉庫とトイレ、また学校を取り囲むのべ111mの塀も修復されました。また、これらの修復に伴って、必要な窓と窓ガラス、ドアや鉄の校門も取り付けられ、電気設備や水道、また校庭も整備されました。

 生徒の1人の言葉、「いつかは自分たちがどこかの国を支援できるようになりたい」、子供たちが1人1人の夢に向かってこの新しい教室で勉強ができることを、JENはとても嬉しく思います。

9月 5, 2002 学校修復・建設教育支援 | | コメント (0)

2002年9月 4日 (水)

アフガニスタンにいるクジラの話2(駐在員椎名カブール日記)

 「シイナはクジラがどんなふうに餌を捕るか知っているか?」
 「集団で追い込むとか?」
 「違う違う。まずクジラは音を出して魚たちをを1つの群れに追い込んでから、そのままガブリ!と飲み込むのさ。」彼は大きな口を開けて飲み込むジェスチャーをし、すこし笑った。
 「そうだったっけ?」
 「アフガニスタンのクジラも同じように餌を捕るのさ。“支援金”という美味しい餌をね。」
 「!?」
 「アフガニスタンで働く支援機関の国際スタッフがいくら給料でもらっているか、シイナは知っているのか?」
 「・・・・・」

 私は話の流れをやっと理解し、すぐに反論しようとしたが、言葉が思うように出なかった。現実との相違点よりこの話の示唆している点に私は捉えられてしまった。彼の言うところの“クジラ”に、カブール市内を巡ればどれほど出会えるだろう。彼らの出す“音”とはさしずめ“XX支援”であり、“OOプロジェクト”という看板であり、つまるところは“アフガニスタン復興支援”というスローガンなのだろう。スローガンが支援金を集め、アフガンのクジラも海外から来たクジラもそれを飲み込む。
「海外から来る支援金の大半は、そうやってまた海外に戻っていくのさ。」

 彼にとっては私もそのようなクジラの一頭にすぎないのか?私は彼の言うクジラなのだろうか?アフガニスタンの人々の目に、私たち支援関係者はどのように映っているのだろうか?

9月 4, 2002 事務所・スタッフ | | コメント (0)

アフガニスタンにいるクジラの話1(駐在員椎名カブール日記)

 日本にいた時、私は世界の先進国がアフガニスタン支援に巨額の資金を拠出する事を決めたニュースを何度も耳にした。日本政府が1億円以上の資金を出してアフガン暫定行政機構に公用車を8台支援したことには疑問を持ったものの、私はある種の期待をもってアフガンに入った筈だった。しかしひとたびアフガニスタンの土を踏んでカブールから車で郊外に出ると、人々の暮らしは基本的にあまり変わっていないのではないか、支援金はどこに行ってしまったのだろうかという思いにとらわれた。物乞いの子供達や女性。赤と白にペイントされて道の脇に並べられた、地雷原を示す石の列。崩れた家屋の壁はまるで古代遺跡のようだが、その脇に放置された戦車の残骸がそれが戦争の遺物である事を知らしめている。そしてその脇をやぎ飼いの少年がゆっくりと歩いていく。

 シェルター・プロジェクトの実施のため、受益者の村々を回るとき、外国人の私は村人の圧倒的な好奇と期待の目に見つめられ、取り囲まれる。しかし受益者の数と予算は決まっており、村人全員にそれぞれ支援をすることは出来ない。支援機関への過剰な期待は、疑心暗鬼と不満に変わりやすい。破壊された家屋を目の前にしての村人との話し合いは、忍耐と粘り強さが必要なのはもちろん、プロジェクトに対する自分自身の中の信頼、自信が求められる。支援金が正しく使われているという意識や自信は、現場で働くスタッフには不可欠なものであると私は思う。

 カブールから北に車で1時間半、パルワン州・チャリカにあるジェン・チャリカー事務所で現地スタッフ達とプロジェクトについて話をしながら、私は支援金の行方について思いをめぐらしていた。その時、一人のスタッフが私に問いかけた。

 「シイナ、アフガニスタンにクジラがいるって話、知ってるか?」
 「アフガニスタンにクジラが!?海もないのに?」

9月 4, 2002 住宅再建 | | コメント (0)