« ワールド・カップ | トップページ | 離任のご挨拶 »

2014年7月24日 (木)

ハイチ事務所の1日

 JENのハイチ事務所は、ハイチの首都ポルトープランスから片道約1時間離れたレオガンという街にあります。
レオガンは、緑あふれるのどかな街で、首都からの国道の道沿いにはサトウキビ畑が広がっています。レオガンは2010年のハイチ大地震の震源地で、最も被害を受けた場所でもあります。ほかの多くのNGOは首都にオフィスを構えていますが、JENは支援が必要な人々に近い場所として、事業地レオガンを拠点にしています。
 
【緑に囲まれたオフィス】                
140724_4

【事務所から見える景色】
140724_5

 現在JENハイチ事務所には、約15人のスタッフが勤務しています。これまで何度かこのブログを執筆しているフランス人事務所長のルドビックをはじめ、建設を担当するチーム、衛生促進を担当するチーム、そして総務・経理担当者がいます。そして、忘れてはならないのがオフィスの安全に貢献している番犬のロカ(Lorka)です。
              
【事務所の様子】
140724_6

            
【ロカ】
140724_7

 ハイチ事務所の朝は、事務所近辺で飼われている鶏や牛の鳴き声で始まります。毎朝8時にスタッフが出勤してきた後、建設担当チーム・衛生促進チームはトラックで事業地に行って、それぞれ水供給施設の建設や、衛生促進活動を行います。事務所長は、建設の現場に行ったり、首都で他機関とのミーティングや調整を行ったり、事務所で作業をしたりしています。
  

【現場で作業をする建設チーム】     
140724_8

【衛生促進チーム(啓発活動を行っている様子)】
140724_10

 総務・経理チームは、文字通り裏方として出入金管理や総務全般を担っているわけですが、ハイチの総務担当にはひとつ、重要な任務があります。それは、電源管理!です。
 ハイチは、公共の電気の供給が不規則なので、電気が通っているときに事務所で蓄電したり、蓄電が無くなったら発電機を稼働したりしなければなりません。日本に居ると想像しがたいかもしれませんが、これはかなり重要な任務です。なぜなら、(当たり前ですが)電気が無いと、インターネットも、携帯の充電器も、扇風機も使えないからです(事務所の気温は35度を超えています)!

 仕事をする環境は決して快適とは言えませんが、スタッフ一同、支援事業の目的を明確に、日々たくましく過ごしています。

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

【JEN設立20周年記念の取り組みについてはこちら

7月 24, 2014 ハイチ |