« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月24日 (木)

ハイチ事務所の1日

 JENのハイチ事務所は、ハイチの首都ポルトープランスから片道約1時間離れたレオガンという街にあります。
レオガンは、緑あふれるのどかな街で、首都からの国道の道沿いにはサトウキビ畑が広がっています。レオガンは2010年のハイチ大地震の震源地で、最も被害を受けた場所でもあります。ほかの多くのNGOは首都にオフィスを構えていますが、JENは支援が必要な人々に近い場所として、事業地レオガンを拠点にしています。
 
【緑に囲まれたオフィス】                
140724_4

【事務所から見える景色】
140724_5

 現在JENハイチ事務所には、約15人のスタッフが勤務しています。これまで何度かこのブログを執筆しているフランス人事務所長のルドビックをはじめ、建設を担当するチーム、衛生促進を担当するチーム、そして総務・経理担当者がいます。そして、忘れてはならないのがオフィスの安全に貢献している番犬のロカ(Lorka)です。
              
【事務所の様子】
140724_6

            
【ロカ】
140724_7

 ハイチ事務所の朝は、事務所近辺で飼われている鶏や牛の鳴き声で始まります。毎朝8時にスタッフが出勤してきた後、建設担当チーム・衛生促進チームはトラックで事業地に行って、それぞれ水供給施設の建設や、衛生促進活動を行います。事務所長は、建設の現場に行ったり、首都で他機関とのミーティングや調整を行ったり、事務所で作業をしたりしています。
  

【現場で作業をする建設チーム】     
140724_8

【衛生促進チーム(啓発活動を行っている様子)】
140724_10

 総務・経理チームは、文字通り裏方として出入金管理や総務全般を担っているわけですが、ハイチの総務担当にはひとつ、重要な任務があります。それは、電源管理!です。
 ハイチは、公共の電気の供給が不規則なので、電気が通っているときに事務所で蓄電したり、蓄電が無くなったら発電機を稼働したりしなければなりません。日本に居ると想像しがたいかもしれませんが、これはかなり重要な任務です。なぜなら、(当たり前ですが)電気が無いと、インターネットも、携帯の充電器も、扇風機も使えないからです(事務所の気温は35度を超えています)!

 仕事をする環境は決して快適とは言えませんが、スタッフ一同、支援事業の目的を明確に、日々たくましく過ごしています。

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

【JEN設立20周年記念の取り組みについてはこちら

7月 24, 2014 ハイチ |

2014年7月10日 (木)

ワールド・カップ

 サッカーはハイチの国民的スポーツです。ハイチのサッカーチームが初めて国際試合を行ったのは1925年3月22日のことです。ワールド・カップに初出場したのは1974年で、この年はハイチのサッカー界においては歴史的な年となり、多くの人々がラジオやテレビでサッカーを観戦しました。それ以来、テレビでサッカーを観戦するのがハイチの人々にとって一般的なこととなりました。

 ハイチのサッカーリーグは12チームにより構成されています。一番有名なのは「レイシング・クラブ・ハイチ」、「ヴィオレット」そして「エーグル・ノワールAC」です。ハイチの人々はテレビでサッカーを見るのが本当に大好きですが、一方でスタジアムに足を運ぶことはあまりありません。週末には多くの人が、スペイン、イングランド、イタリア、フランスなどのサッカーリーグの試合をテレビで見て楽しみます。

 2014年のFIFAワールド・カップもハイチの人々の生活に大きな影響を及ぼしています。ハイチのチーム(通称グルナディエー;精鋭の兵士、という意味)は残念ながらワールド・カップには出場できませんでしたが、多くの人がブラジルやアルゼンチンを応援しています。それらの国々を応援している人々は、自分たちの車や家、住んでいる通りに国旗を飾ったり、応援しているチームのブレスレットやキーホルダーを付けたりしています。

140710_2【Le Nouvelliste紙より引用(2014年6月18日)】

 ワールド・カップ開催中、人々はどこでもテレビでサッカーの試合を見ています。テレビが見られない人は、ラジオで試合を応援しています。テレビを乗せた移動式パブも出現し、人々はその移動式パブの周りに集まってサッカーを見ます。政府までも、薄型TVを都市および田舎に配布し、宝くじ屋、オフィス、庭などあらゆる場所でサッカーを観戦する人々が見られました。サッカーに熱中するあまり、多くの人々が仕事にならず、町の交通量が少なくなったほどです。

 応援しているチームがゴールを決めると大きな歓声が上がり、勝つと大騒ぎになります。通りではバンドが音楽を演奏し、特にブラジルが勝ったときは盛り上がります。負けた時はみんなで悔しがり、試合が終わった後は、ワールド・カップの話で持ち切りです。2014年のワールド・カップをハイチの人々は大いに楽しんでいます。



【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

【JEN設立20周年記念の取り組みについてはこちら

7月 10, 2014 ハイチ |