« 2013年ハリケーンシーズンまっただ中 | トップページ | 2013年ハリケーンシーズン終盤に入る・・・ »

2013年9月19日 (木)

西村内閣府副大臣(防災担当)がハイチを訪れました

 2014年は、日・カリコム(CARICOM)事務レベル協議開始後20年が経過した年となり、文化交流や経済協力の様々な面で注目されています。

 7月には山田外務省中南米局長、8月中旬には、西村内閣府副大臣がハイチを訪れました。西村副大臣との意見交換会には、JENの邦人スタッフを含め、倉冨在ハイチ大使館大使、他NGOや国際機関で活躍される邦人数名が参加しました。食事を交えながらの交換会は、ハイチの復興状況や支援のニーズ、私たちの活動内容などが話題となりました。

 現在ハイチでは、国際機関を含め多くのNGOが活動しています。主に、教育、衛生、インフラ設備などの分野での支援が中心ですが、まだまだ病院や学校、電気、水、通信などの基本的なインフラも完全とは言えません。しかしながら、道路の設備、ごみ清掃活動やハイチ警察の働きを日々目にし、日々前進しているように感じます。
 これからもJENハイチは、更に安全な水の提供と水衛生教育に力を入れ、活動を継続していきます。

 東京でも今年から来年にかけ、様々なカリブ海の国々の文化交流関連イベントを目にする機会があると思います。その時は是非足を運んでください。

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

9月 19, 2013 ハイチ |