« 【ニュースレター新連載】木山啓子とJENスタッフの往復書簡 | トップページ | 総務会計担当として着任しました! »

2013年6月27日 (木)

新事務所の倉庫が完成しました

 JENがレオガンへの事務所移転を決定した後、新事務所には倉庫施設と車庫がないことが判明し、問題となりました。

 しかし、幸運にも一週間後に、国際NGOハンディキャップ・インターナショナルからテントを寄付されました。
 有名テントメーカーRub Hallの製品ではありませんが、巨大なサイズ(長さ24m、幅10m)、防水、そしてとてもタフな作りであることは本物のRubHallテントと同じです。

 事務所庭の地面を固め、マンゴーの大きな木枝二本を切断し、テントを分解してまた新たに組み立て直す事ができる業者を見つけるのには相当な時間、エネルギーを必要としましたが、最終的には今後の洪水等にも備えた防護を行い、設置完了することが出来ました。

 また、ハイチでの活動を終了するハンディキャップ・インターナショナルから、石鹸、バケツ、ポリタンク、塩素錠剤などの衛生キットの寄付も受けました。

 倉庫施設内は、二つに分かれています。一つ建設チームのための倉庫、もう一つはハリケーンシーズンに備えて衛生キットを保管しています。
 ポリタンク1500個、抗菌効果のある石鹸8500個、そして塩素錠剤230000個のおかげで、私たちは今年の雨季でのハリケーンやコレラが蔓延する前に、即座に対応することができそうです。

 すでに、カバレーという山沿いにある小さな村で衛生キットの配布を行いました。なぜなら、住人たちは川水を使用していて、深刻な下痢に悩まされている人が数十人いたからです。

【専門業者のスタッフ13人がテントを組み立てるのに、半日しかかかりませんでした!】
130627_tent

【この先更なる大規模なプロジェクトを実施することが可能になる、大きな倉庫です】
130627_inside_of_tent



【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

6月 27, 2013 ハイチ |