« 事業以外での教育 | トップページ | 「キタ・ナゴ」がもたらしたもの(パート1) »

2013年1月10日 (木)

ハイチの教育

 私は、JENハイチでフィールオフィサーを担当しているベルラン・ヴィジルといいます。
 約3年前にハイチを襲った大地震の1週間後の2010年1月21日より、JENのスタッフになりました。
 今回は、私が一番心配しているハイチの教育システムの課題についてお話ししたいと思います。

130110_8


 ハイチの教育システムは、重大な構造上の欠陥として特徴づけられると思います。教育費は、ハイチの一般家庭の所得の割合からすると高額です。約40%の低所得層は子どもを学校に行かせることが難しい状況です。地方に住む家庭にとっては特にそうです。公立学校は基本教育の需要に対して10%にすぎず、また親は子どもを入学させるために教育費を払わないといけません。

 一般的に、学校は10月に始まり、7月に終わります。クリスマスやイースター休暇があるので、授業数はその分大幅に少なくなります。それを補うため、裕福な家庭の子どものみ個人授業を受けます。

 私立ではフランス語で行なわれ、公立ではクレオール語とフランス語が使われます。
 教材も懸念事項の一つです。ほとんどが輸入品であり、他の輸入品同様非常に高価であるため、毎日の食事でさえ得るのに苦労する低所得層にとっては、教材を購入することはとても難しいのです。そのため、教材を持たずに学校へ行く子どもたちも多いのです。
 ハイチ政府は、真剣に国の教育について考えようとしているようですが、まだ目に見える結果としては出ていません。教育は、この国の特定のニーズとして目を向けられているとは言い難いです。

 公共教育の位置付けは、旧宗主国のフランスに自分の子どもを留学させることが出来るエリート層にとっては良いのかもしれませんが、ハイチの現実に即していないように思います。

 また、ハイチでの教育とはビジネスであると言っても過言ではないのでは、と感じてしまう現実があります。教室は子どもで満杯で、先生は無資格というのは珍しくないため、学校によっては、その目的が子どもの教育ではなくある意味お金稼ぎになっているところがあります。

 一方で、有名な私立のエリート校は設立に宗教が関わっており、一般的に都市に存在します。施設は良く整っており、先生の質は高いため特権階級の家庭の子どもが通います。首都ポルトープランスでは、私立学校はよく道角にあり、人びとは「宝くじ学校」と呼んでいます。これは、宝くじ売り場が道角にあることから来ています。

 私は、この「宝くじ学校」を作るのではなく、資格を持つ先生がいて教材や校舎がしっかりした公立学校がより多く出来ることを切に願っています。そうすれば、より多くの子どもたちが教育を受ける機会に恵まれるからです。

JENハイチフィールドオフィサー ベルラン・ヴィジル

1月 10, 2013 ハイチ |