« Toutifのようす | トップページ | 【心のケア】【コミュニティ再建】 みんなでお花、植えませんか? »

2012年2月 9日 (木)

Labrietteのようす

 Labrietteでは、ジェンが建設した共同洗濯場を使わずに、すぐ近くにある川を使っている住民が多くいました。
 その理由は、洗濯をする際に多くの水を利用するため、何度も何度もポンプを扱ぐことが大変だったからです。

 そこで、水をためておけるドラムを置きました。
120209_2

 そしたら、以前ガラガラだった共同洗濯場が今では、満員状態。
120209_3

 さらに、はみ出てしまって、「もっと広く作って~」と、お母さんたちが口にしています。
120209_4

 ドラムを設置するというちょっとした工夫が、住民が集まる場づくりにつながりました。

 住民が話し合うスペースとしてだけでなく、水管理委員会が塩素の使い方の説明をするなどの情報伝達の基点ともなっています。

2月 9, 2012 ハイチ, 水管理委員会 |