« JENに家族が加わりました! | トップページ | タップタップ »

2010年12月16日 (木)

衛生プロモーターの戦い

 JENの活動地レオガンでは、川で人間も家畜も体を洗い、日々の洗濯をし、人々はまた同じ川の水を飲んでいます。川の近くに住む人の多くが、透き通っているからという理由で、「川の近くに穴を掘り、一度その水を捨てて、再び湧いてくる水は、きれいで安全だ」と考えています。

 地震で大きな被害を受けたレオガンにもコレラが蔓延し、多くの方が二重の被害を受けています。JENは、支援者の皆様そしてジャパン・プラットフォームの協力により、レオガンとグラン・ゴアーブのコレラが発生している地域で衛生教育事業を実施しています。

 これまでに459人の衛生プロモーターたちがJENの訓練を受けました。無給ボランティアとして参加した衛生プロモーターたちは、みな、強い信念を持っています。それは、5万人以上におよぶ地元住民の非衛生的な習慣を変えたいという思いです。地元住民の家庭へ訪問している時にも、JENの衛生スタッフたちは、ボランティアの衛生プロモーターによる地道な取り組みを目のあたりにしました。

 衛生に関するメッセージは大部分の方に受け入れられていますが、最初は、プロモーターたちの存在に懐疑的な住民もいらっしゃいました。信念に向かって活動しているのではなく、経済的報酬を受け取るために活動していると誤解されていたのです。多くの方が仕事に就けない国では、ボランティアの概念はなかなか理解されにくいことですが、時間をかけて説明し、JENと共に無償で働いてくれる方を見つけました。

 今日では、コレラ蔓延の実質的被害によって、衛生対策の大切さが広く理解されるようになりました。それに伴い、地元住民の間で、衛生プロモーターたちの評価も上がってきています。多くの人々がコレラの情報と予防法を教えてもらうためにJENの衛生プロモーターを訪ねています。今では地域の「賢者」として見られているようです。

101216village_assemblies_2  衛生プロモーターとJENの衛生スタッフが行っている村の集会では、衛生に関する重要なメッセージを必ず伝えています。そして、今までそれぞれの地域で衛生プロモーターたちが繰り返し伝えてきたメッセージを詩や劇、パンフレットなど様々な方法で再発信しています。

12月 16, 2010 ハイチ |