« 先生たちの活発な防災ワークショップ | トップページ | 雨の降らない雨期 »

2010年7月29日 (木)

8ヶ月間で二度も被災者に?

 ハイチは、とても悲しい歴史と致命的な出来事のために、世界で最も貧しい国の一つとなっています。ハイチの貧困層は、いつの時代もハリケーン、洪水、地震、そして政治的紛争や暴力によって何度も被害を被ってきました。

 ハイチは自然災害という観点から見て、とても傷つきやすい国です。2004年にはハリケーンや洪水によって3000人以上の人が亡くなりました。2008年に襲ったハリケーンでは、80万人もの人が被害を受け、400人以上が亡くなりました。こういった災害は人々に直接的な被害を与えるだけでなく、この国の経済にも影響を与え、常に問題を抱えています。ハイチの人々は農業に専念することができません。そして、史上最悪の災害は2010年1月に起こった地震です。主要な都市であるポルトー・プランスやレオガン、プチ・ゴアーブはその80%が破壊され、経済は壊滅状態になりました。30万人以上の人々が亡くなり、何十万人もの人が家を失いました。
8月からハリケーンシーズンが始まりますが、地震からわずか6ヶ月しか経っていません。来たるハリケーンシーズンは過去最悪のものになるだろうと言われています。キャンプに住んでいる人びとの多くは、ハリケーンのもたらすリスクを知っているので、家の再建をしようとせず、劣悪な条件下でそのまま暮らすことを望む傾向にあります。たった8ヶ月の間に、二度も被災者になりたくないのです。

 ハイチの復興のためには、まだまだ支援が必要です。ハイチがより良くなることを共に願いましょう。この世界に不可能なことはないのですから。

7月 29, 2010 ハイチ |