« 貧困の陰で | トップページ | 現地事務所長セドリックのつぶやき »

2010年4月 8日 (木)

アンダラス・ラーマヤーナ・プラザ、営業再開、大安売り

100406_re_opening_3

「アンダラス・ラーマヤーナ・プラザ、営業再開、大安売り」
4月1日の現地新聞各紙でこの見出しが踊りました。

100406_earthquake_night_3   西スマトラ州の州都パダン市の中心にあるアンダラス・ラーマヤーナ・プラザは州内で最大級のものでした。しかし、昨年の9月30日、家、学校、病院、ホテル、そしてアンダラス・ラーマヤーナ・プラザのようなショッピングモールを破壊した、あの大地震が発生しました。西スマトラの人々は地震で家を失っただけでなく、彼らの大好きなモールをも失くしたことに大きなショックを受けました。

 7ヶ月間の復興作業の後、アンダラス・ラーマヤーナ・プラザは市長の認定を受け営業を再開しました。また、多くの人気チェーン店も新たに出店し、新しいお客さんを獲得しようとしています。再オープンの日、首都ジャカルタから招かれた人気アーティストやバンドがパダンの人々を楽しませ、集まった大勢の人々全員が歓喜の中、共に歌いました。

 モールの再開は大地震発生後僅か7ヶ月後のことです。この巨大ショッピングモールの再開は人々を幸せにし、生活に変化を起こしています。人々は以前と同じように買い物を楽しむことができ、日用品を買ったり、子どもたちはゲームセンターで遊んだりできるようになったのです。プラザの再オープンはパダン市の経済復興にも役立っています。失業率を改善し、昔からある市場にも良い影響を与えています。

 今、パダンは着実に復興を果たしつつあります。

4月 8, 2010 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |