« 防災意識が生まれると… | トップページ | ところ変われば… »

2009年11月26日 (木)

雨と土砂崩れ

261109_091116_additional_informatio  インドネシアは現在雨季です。西スマトラでは雨季は9月から2月まで続くといわれていますが、一年を通じて雨が多い気候です。かつては雨に降られても気にしなかった人々ですが今年の雨は生活に大きな支障をきたしています。というのは地震で家が倒壊し、雨をしのぐ場所が限られているからです。テントは雨に弱いので長持ちしません。そのため多くの団体はテントの配布は躊躇する傾向にあります。

261109_101109_assesment_batang_piam  雨はスマトラの人々だけでなく支援をする私たちへも影響しています。雨のため土砂崩れが頻繁に発生し、いくつかの村へはアクセスできないところもあります。人々は市場や病院にいくために長い距離を歩くかなくてはいけません。

 一方、この雨のおかげで商売が繁盛している人もいます。それはバイクタクシー屋さんです。公共交通がなく、細い土砂崩れの道を進むためにはバイクが唯一の手段です。そのため値段が非常に高いのです。村の人々だけでなくJENもバイクを利用することがありますが、先日はなんとたった2キロメートルの道のりの料金で7ドル(約700円)も しました。非常に高いバイクタクシーですが長い距離を歩くのが難しい老人、女性、子どもや病気の人には欠かせない交通手段です。

11月 26, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |