« <<速報>>インドネシア:アセスメントをはじめました | トップページ | <<速報>>インドネシア:今回の配布について »

2009年10月14日 (水)

<<速報>>インドネシア:本日、支援物資配布を始めます

141009_img_0128_low  被災者へのインタビューによると、食べ物や水はインドネシア政府や国際機関からの支援で足りてる模様です。問題は、住むところ(瓦礫と化した家の中や野宿を強いられているため)とこれからの生活です。

 ジェンは現地の状況と地域の人々へのインタビュー、他のNGOと国際機関と連携そして情報を共有しながら、まず瓦礫を撤去し簡単なシェルターをつくれるキットと衛生用品を本日から配布します。これは、緊急措置にすぎず、同時に次期プロジェクト計画のためのアセスメントも行っています。必要な物資のみならず衛生状況を正確に把握し、また地震によるトラウマの有無や、関連機関との支援活動状況もヒアリングしています。

 昨日ミーティングを持ったあるフランスのNGOのスタッフは、ジェンがツールキット配布を始める、と聞き、非常に喜んでいました。彼らは今後、家を立てるトレーニングのプロジェクトを計画してるそうです。しかし地震の後、この辺りでは物価が急上昇し、物の値段が80パーセントも値上がりしています。

 住民は、家を再建したり瓦礫を除去する道具を買えるほど蓄えが十分でないため、「これは助かる!このパートナーシップはミラクル!パーフェクト!!」と、ボディランゲージを交え歓喜に沸いていました。

 世界から集結している国際援助団体や国連機関が、有機的な連携を進めることで、効果の高い支援と、そのスピードが加速するのです。

(パダンより、浜津裕香)

10月 14, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |