« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月29日 (木)

危険区域

 ジェンは崩壊的な地震の被害を受けた西スマトラ島の住人に対して支援を行っています。大量の家々が崩壊し、地震から約1ヶ月経った今でも人々は近所の人と共に仮設避難所、モスク、学校などで生活しています。地震の影響により、多くの商店、学校、会社も崩壊しました。

 ジェンは地方の中心都市であるパダンシティーを拠点として活動しています。パダンシティーはインド洋に大変近い場所にあるため、余震の恐れがあります。このような余震により、津波が発生する可能性もあります。そのため、政府は海辺に面する全ての地域を危険区域としました。海辺の近くに住んでいた裕福な人々は、家から非難をして中心都市で暮らしていますが、貧しい人々は高価なパダンシティーの中心都市で生活する余裕がないため、いまだにそこに留まっています。

 このため、パダンの中心地では空き家がほとんどなく、残っているいくつかの空き家は高い家賃で貸し出されています。パダンシティーに滞在しているJENを含んだ多くの国際NGOは立地の良い家を探すことが困難な状態です。JENは今事務所探しに奔走していますが、危険地域に住むべきなのか、治安状況の悪い地域に住むべきなのか、あるいはホテルに滞在し続けるべきなのかの選択に苦しんでいます。

10月 29, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |

2009年10月26日 (月)

<<速報>>インドネシア:ツールキット使用中@PASAR BALAI KUDU村

 「もちろんよ。自分たちではとうてい買えないわ」

 ジェンスタッフの「ツールキットは役に立ってますか?」という質問に対して村の人からこんな返事が返ってきました。早速、道具が使われている様子を見て、私たちも嬉しいと同時に今後の支援について思います。

 村では、各家々で、家族や近所の人びとと助け合いながら、瓦礫の撤去や簡易シェルター、テントを作り始めています。もうすぐやってくる雨季の前になんとか作らなくては、と力が入ります。

 地震から3週間。支援物資の確保にひたすら懸命だった時期を過ぎ、村の人々は、これからの生活のこと、住むところのこと、子どもたちの教育のこと、将来のたくさんのことを考え始めています。今日、村で会ったお母さんASNIARさん(50歳)は、義理の息子たちに囲まれて、瓦礫の掃除をしていました。私たちと話していると急に涙を流してこういいます。「地震で家を失ったときにはこんなに悲しいことはないと思ったけれど、皆が私を気にしてくれるから、今はとても幸福です。でも、これからのことを思うと不安で眠れません」

 地震後の人びとの生活はこれからが本番です。ジェンの次期プロジェクト案の作成も大詰めを迎えています。
スタッフも村でのニーズ調査やインドネシアの役所との調整など、現在行っている配布事業と並行して飛び回っています。

 皆さま、これからも引き続き、よろしくお願いいたします。

(画像は後程アップします。ネット環境が弱くアップできません、、、)

10月 26, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |

2009年10月22日 (木)

グエチャウンジーでのサプライズ

091022_img_0428s_2   学校兼サイクロン用シェルター(避難所)建設の準備を進めているグエチャウンジー村で、嬉しい出来事がありました。

 先週ジェンのエンジニアが建設予定地の場所を訪れ、村人に、「ここには資材を運ぶ道がないので、このままだと建設会社に道路建設費も含めて建設費を多く請求されてしまう」とつぶやきました。それからちょうど一週間後に村を訪問してみると、なんと「道」ができているではありませんか!

 まだ完成はしていませんが、村人たちが自主的につくってくれたようです。村人たちの自主性を引き出すことに苦労することも多い我々にとっては嬉しい瞬間でした。091022_img_0438s

 彼らの村では、教育省へ提出する公認学校への登録書類も素案がほぼ出来上がりました。この学校兼サイクロン用シェルターへ彼らが寄せる期待がひしひしと感じられる一日でした。

10月 22, 2009 ミャンマー, 文化、生活、習慣 |

<<速報>>インドネシア:学校のはなし

 Img_0282 みなさま、ご無沙汰していてすみません。

 日々、フィールド(支援エリア)への移動で思うようにネットへアクセスできず、ご報告が遅くなりました。

 その間にも、毎日、アセスメントと配布が続いています。ジェンでは、今後、数日で、パリアマン地区の10村、合計約1600世帯に対してツールキットとユニセフの衛生キットの配布を完了する予定です。 また、配布と並行して、目下、次期のプロジェクト案を作成中です。内容が決まりましたらまたこのブログでご報告します。

 さて、今日は学校の話をしたいと思います。

Img_0297_3  アセスメントや配布で村を訪れると、必ず学校があります。そのほとんどが全壊です。生徒たちは、壊れた建物の中や道路わきに机やイスを並べたり、校庭にテントを建てるなどして勉強しています。

 そのうちのひとつ、SDN INT’L 07 GUGUS III小学校では、マルシア校長先生にお話しを聞くことができました。先生は、私たちを見つけると、「話しを聞いて欲しい」と言って駆け寄ってきてくれました。

 マルシア先生が教える小学校では、6歳~12歳まで約130名の生徒が通っています。地震後、学校では、多くの子どもたちが学校に来なくなり、来ても勉強に集中できず、授業の途中で外に出たり家に帰ったりするそうです。

 暑いテントの中で、家族や地震のことを思い出して泣き叫ぶ子どもたちもいます。そんな状況もあって、地震の前は7時~13時までだった就学時間を、今や7時~10時に短縮しているとのこと。教科書やノート、学校に着てくる洋服も全て瓦礫の下。教材もチョークもホワイドボードも、今はありません。この地域の人々は主にお米を作って売って暮らしていますが、生活は苦しく、住むところさえない今、子どものための学校道具を再び買いそろえる余裕はありません。校長先生は、自分の貯金を使って、かろうじて学校のイスや机を購入しました。今はそれが精一杯だそうです。

 先生はこう言います。子どもたちが学校に戻れるように私たちをサポートして欲しい、と。We don’t know what to do. という先生は、子どもたちが地震の体験を忘れることができる環境が欲しいといいます。子どもたちばかりでなく先生方も被災の傷を心に抱えていて、勉強する環境もなくなってしまった今、楽しく遊びながら学ぶこともできるプログラムやツールが必要だといいます。また、被災したことのある地域の先生方との情報交換も有効だといいます。日本から何か学べることはないか、と熱心に語ります。

 地震から約3週間。緊急支援は終盤に入り、マスメディアでの報道も減って来ましたが、ジェンをはじめとする数々の支援団体は、「人々の生活を支える支援はこれからが本番」と、互いに連携しながら着々と次のステップへの準備を始めています。

 この速報を呼んでいてくれている一人ひとりの皆さまに。

 これからもよろしくお願いいたします。

10月 22, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |

2009年10月15日 (木)

<<速報>>インドネシア:今回の配布について

131009_img_0100_low  今回の緊急支援は、ユニセフ、日本政府、ジャパンプラットフォームとのパートナーシップで実現しています。そして、現地スタッフと、プロジェクトリーダーのアズマットを中心に、多くのことが同時並行で迅速に進んでいます。

 昨日(10月14日)は、この緊急支援の大きな転換期になりました。ツールキットと衛生キットの配布をはじめることができたのです。配布地域は、パダン市街から100キロほど北に行っくパリアマン地区です。ここは、パダン市内よりも被害が大きく、すべての家屋が半壊あるいは全壊であるにもかかわらず、まだまだ支援が不足しています。地震から10日以上たっているにもかかわらず、支援物資を届ける2番目の団体になりました。

 昨日はまた、岡田外相がジェンの支援地域を訪問。偶然にも物資配布スタートと重なりました。

 配布物資はツールキット(シャベル、かなづち、のこぎり、ペンチ、はさみ、リアカーなど)と、ユニセフの衛生キット(石鹸、雑巾、バケツ、歯ブラシ、歯磨き粉、タオルなど)です。

 今日はまた同じパリアマン地区のコラム・ジャニアン村と、タラウ村でも家庭を訪問しました。これらの村での物資配布は明日になります。今回のプロジェクトでは、全部で10の村に配布を予定しています。

(パダンより、浜津由香)

10月 15, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |

2009年10月14日 (水)

<<速報>>インドネシア:本日、支援物資配布を始めます

141009_img_0128_low  被災者へのインタビューによると、食べ物や水はインドネシア政府や国際機関からの支援で足りてる模様です。問題は、住むところ(瓦礫と化した家の中や野宿を強いられているため)とこれからの生活です。

 ジェンは現地の状況と地域の人々へのインタビュー、他のNGOと国際機関と連携そして情報を共有しながら、まず瓦礫を撤去し簡単なシェルターをつくれるキットと衛生用品を本日から配布します。これは、緊急措置にすぎず、同時に次期プロジェクト計画のためのアセスメントも行っています。必要な物資のみならず衛生状況を正確に把握し、また地震によるトラウマの有無や、関連機関との支援活動状況もヒアリングしています。

 昨日ミーティングを持ったあるフランスのNGOのスタッフは、ジェンがツールキット配布を始める、と聞き、非常に喜んでいました。彼らは今後、家を立てるトレーニングのプロジェクトを計画してるそうです。しかし地震の後、この辺りでは物価が急上昇し、物の値段が80パーセントも値上がりしています。

 住民は、家を再建したり瓦礫を除去する道具を買えるほど蓄えが十分でないため、「これは助かる!このパートナーシップはミラクル!パーフェクト!!」と、ボディランゲージを交え歓喜に沸いていました。

 世界から集結している国際援助団体や国連機関が、有機的な連携を進めることで、効果の高い支援と、そのスピードが加速するのです。

(パダンより、浜津裕香)

10月 14, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |

2009年10月13日 (火)

<<速報>>インドネシア:アセスメントをはじめました

131009_img_0140_low  11日は、配布を予定しているがれき撤去用の工具を仕入れるために、業者さんと交渉を行いました。と同時に、支援機関の拠点となっているガバナーズハウスでの情報集めや関係者との情報交換、および、現地スタッフの採用面接を行いました。

 昨日より、パダンから車で2時間のパリアマン地区のバライ・パサー・クドウ(BALAI PASAR KUDU)村にアセスメントに来ています。一昨日、JENの現地スタッフとなったフェルナンドは、早速、テキパキと動いてくれてて、我々のサポートをしてくれています。

 昨日に引き続き、今日も三班に分かれてアセスメントを実施します。今日中に終わらせ、明日配布を目指しています。

(パダンより 浜津裕香)

10月 13, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |

<<速報>>インドネシア:被災地に向かう車中より、報告します

131009__img_0180_low  11日に、現地に到着した浜津です。

 パダン市内から、フィールドに向かう車の中です。活動の拠点となっているパダン市内の被害状況は比較的軽いです。ところが、ここから離れる程ダメージが大きいです。一昨日よりJENが調査を行っている地域は、ほとんどの家屋が半壊または全壊です。

 人々は、みな壊れた家の中で生活しています。2次災害の可能性を想定すると、きわめて危険な状態です。家の外で寝ている人もいます。巨大な家を自分の力で建て直そうとしている人もいれば、お金がなくて途方に暮れている人、地震の恐怖から、家にこもっている老人を数人見かけました。

 なるべく早く、緊急支援物資の配布にこぎつけたいです。

(パダンより、 浜津裕香)

10月 13, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |

2009年10月 9日 (金)

<<速報>> ニーズを探る

 地震から一週間が経ちました。国連による調整は、避難所部門、教育部門、食糧部門、健康部門といったクラスター(サブグループ)ごとに分けられています。

 配布を担当している各団体が集まり、必要とされている量や配布する時期に関しての情報を共有しています。調整を行う上で要になることは、配布の時期と、その地域の選定です。「誰が、どこで、何をするか」、特に食糧分野や医薬品分野以外の配布では、そのボリュームを正確に把握することが重要です。

 日毎に、というよりも、緊急事態の場合、分刻みでニーズが変わります。我々は、常に最新の情報を入手し、被災者へ支援を届けるための準備を作り上げます。現時点では、まだ被害状況の全貌が把握できていません。数日中に、全体像を得る予定です。現時点では、国連機関とJENをはじめ多くのNGOが、シェルターが最もニーズの高い、と考えています。

 幸い、ここでは良い天候が続いています。家を失った人々は、この天候のおかげでなんとか穏やかに生活を送れています。しかし、みなが口をそろえ激しい雨を恐れている、と言います。

 被災者の方々が安心できるよう、出来るだけ早い物資の配布をすることが当面の目標です。(シリル・カッパイ)

10月 9, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |

<<速報>> ガバナーハウスにて

 大きな災害が起きたとき、他者との調整が成功を握る鍵となります。パダンでは、国連がガバナーハウスでの調整を取り仕切っています。

 ここでは、日本、フランス、ドイツ、アメリカ、イギリスといった各国からの驚くほどたくさんの人道支援機関や記者団が集まり、情報を仕入れ、ワイヤレスのインターネットを利用しています。

 人々はあちこち走り回っており、たくさんの異なった言語が飛び交っています。私の左では二人のイタリア人が大声で会話をしており、NGOの四人のイギリス人男性が書類をプリントアウトしようとしています。また、見知らぬ制服を着た三人の軍人が地図を眺め、国連スタッフは次の会議の告知を行っています。

 このオープンエアーの大きな部屋には、何千本ものケーブルが床を埋め尽くしています。大きなテレビ画面には先日の地震についてのニュースが流れています。私たちは、国連との調整、支援の策定、本部に送る最初のレポートの作成など、諸々の重要な業務のために、ここを訪れています。(シリル・カッパイ)

10月 9, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |

2009年10月 8日 (木)

<<速報>> インドネシア:命あればこそ

Img_5751_low  昨夜、インドネシアの地震被災地スマトラ島パダンに到着しました。驚いたことに、到着直後に直面した風景は典型的な自然災害後の風景というよりは至って平常なように見えたことです。

 というのも建物の倒壊状況がまちまちで、完全に倒壊している建物もあればまったく影響を受けていない建物もあったからです。各国の緊急救助隊は継続して瓦礫撤去をしながら人命救助を続けています。

 あるホテルでお茶を飲みながら現地の家族と話をしました。お父さんは地震のことをこのように語っています。

 「私は地震ですべての財産を失いました。今は家も車もありません。けれど家族全員無事だったので私は幸せです。この地震で私は生きていることのすばらしさを実感しました。私はもう年寄りですが命がある限り、また何かを始めることができます。私の隣人は奥さんも子どもも失ったそうです。彼はまだどうやって立ち直ったらいいのか途方に暮れています」

===================
JENインドネシア スマトラ島沖地震緊急支援 緊急支援募金を受付けています:
クレジットカードでのご寄付は、
こちらへ、

郵便振替口座は、こちら→→→ 00170-2-538657 口座名  JEN

連絡欄に「インドネシア」とお書きください。
===================

10月 8, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |

<<速報>> インドネシア:現地での調査を開始しました

Img_5744_low_2  緊急支援のために出発したジェンチームから速報が届きましたのでお伝えします。

 パダン市内の水道設備は完全に倒壊している状況です。フランス、ドイツ、ニュージーランドからの救助部隊は現在、大規模に水供給活動を行っています。しかし、この活動は一時的なもので、まだ復旧の目処が立っていないにもかかわらず、近日中に停止される予定です。今後、パダン市内は引き続き深刻な水問題に直面するであろうことが予想されます。

 電気に関しても、パダン市や周辺の町のほとんどは、使用不可能な状態が続いています。そのため、人々は発電機に頼り避難生活を続けています。今のところ、電気も復旧の目処が立っていない状態です。

 この地震による被害者は全部で150万人を超えると言われています。アクセスが難しい、もしくは寸断されている地方の村への支援が重要課題です。ジェンは都市部から離れた支援がもっとも必要な村への調査を明日より行います。

===================
JENインドネシア スマトラ島沖地震緊急支援 緊急支援募金を受付けています:
クレジットカードでのご寄付は、
こちらへ、

郵便振替口座は、こちら→→→ 00170-2-538657 口座名  JEN

連絡欄に「インドネシア」とお書きください。
===================

10月 8, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |

<<速報>>インドネシア:スタッフが被災地に到着

10月7日、シリル・カッパイ(海外事業部長)、渡邊千紗(海外事業部 プログラム・オフィサー)が、現地に到着。

081009_img_5751_low_2 写真は、10月8日のパダン市内の様子。

                                                           

                   

     

     

     

===================
JENインドネシア スマトラ島沖地震緊急支援 緊急支援募金を受付けています:
クレジットカードでのご寄付は、
こちらへ、

郵便振替口座は、こちら→→→ 00170-2-538657 口座名  JEN

連絡欄に「インドネシア」とお書きください。
===================

10月 8, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |

ミャンマーの満月

091008_imgp0718s  日本で中秋の名月を眺め楽しんだ10月3日は、ミャンマーでも満月を祝う、1年に1度の仏教の大切な日「ダデンジョ・ラビ(10月の満月)」でした。

 写真はシュエダゴン・パゴダに夜、人びとがお参りする様子です。この日はいつも以上に多くの仏教徒がパゴダを訪れます。(※パゴダ:ミャンマー様式の仏塔)

 また、この日は、年上やお世話になった人に感謝する日でもあります。子どもたちは、おじいさんやおばあさんを訪問し、感謝を述べお供え物をします。子どもたちにとっては、お返しにお金やプレゼントがもらえる待ち遠しい日のようです。

091008_imgp0728s  この日すれ違った人びとの顔はいつも以上に楽しそうで、ほがらかで平和な感じがしました。アジア各地では、ここ1、2週間で様々な災害が起こっていますが、一刻も早く人びとが安心して元の暮らしができるようミャンマーよりお祈り申し上げます。

10月 8, 2009 ミャンマー |

2009年10月 6日 (火)

<<速報>>インドネシア スマトラ沖地震 緊急支援速報

本日、日本から2名のスタッフが現地へ向けて出発しました。

===

シリル・カッパイ(海外事業部長:フランス出身)

渡邊千紗(海外事業部プログラム・オフィサー:東京都出身)

===

現地の状況は、情報を入手次第、随時支援速報にアップしてゆく予定です。

緊急支援募金へのご協力をよろしくお願いします。

クレジットカードによるご寄付は、こちら

10月 6, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |

2009年10月 2日 (金)

<<速報>>インドネシア スマトラ沖地震 緊急支援を開始します

 JEN(本部:東京都新宿区)は、9月30日にインドネシアで発生したスマトラ沖地震への対応として、緊急支援を開始します。

9月30日朝(日本時間午前10時)にインドネシアのスマトラ島パダン市沖で大地震が発生しました。現時点で確認されている死者は1100人、インフラへの被害が甚大で、多くの人が瓦礫に埋まっていると報道されています。今後、被害はさらに広がると見込まれます。

 今回の緊急支援への対応として、シリル・カッパイ(海外事業部部長)、渡邊千紗(海外事業部プログラムオフィサー)、アズマット・アリ(海外事業部プログラム・オフィサー)が出動します。

JENは、このたびの緊急支援に対し、緊急支援募金を受け付けています。

==================================
JENインドネシア スマトラ沖地震緊急支援 緊急支援募金を受付けています:

クレジットカードでのご寄付は、ホームページへ→→→ http://www.jen-npo.org
郵便振替口座は、こちら→→→ 00170-2-538657 口座名  JEN

*メッセージ欄に「インドネシア」と記載ください。
==================================

皆さまからの ご支援を よろしくお願いいたします。

10月 2, 2009 インドネシア スマトラ沖緊急支援 |