« ミャンマーにもインフルエンザが・・・ | トップページ | 竜巻 »

2009年7月30日 (木)

ゆたかな心をもつこと

090730_ddytktms002_9709s  昨年トタンを配布したディダエ地区の小学校でモニタリングを行いました。この学校は、20年前に先生と村の人々の努力で建てられたものです。

 ミャンマーでは、公立校の数が圧倒的に足りていないので、有志の手で建てられた学校が多く存在します。教師を務める女性はとても教育熱心で、20年前からほとんど無給で教えてきました。子どもたちが食べるものがなければ、自宅でご飯を与え、学校に通わせてきたと言います。

 去年5月のサイクロンでこの学校は流され、無くなってしましました。しかし、先生はあきらめませんでした。お坊さんや尼さんなど様々な人に寄付をお願いして、とうとう立派な学校を再建することができたのです。屋根の部分には、ジェンが配布したトタンが使われています。そして、今後、公立校として登録されることになりました。公認されることで、学校の運営はさまざまな点で有利になります。たとえば、政府が教師を派遣し、教科書を一部支給します。90730_ddytktms012_9709s

 この先生は免許を持っていないため、登録後はこの学校で教えることができなくなります。村人やお坊さんと先生でゼロからつくってきた学校を離れることは、とてもつらいことだと想像できますが、

 「子どもたちにとって良くなるなら、それでいい」と先生は言います。

90730_ddytktms018_9709s  この先生に教わった子どもたちが今、大学を卒業して、先生や学校への恩返しのために、ボランティアとして、この学校で子どもたちへ勉強を教えています。この村には、「先生の気持ちが生徒に伝わる」よい連鎖が生まれていると思います。我々は支援をしながら、村人たちから様々な話を聞き、本当にいい勉強をさせていただいています。彼女のような先生を見習いながら、活動を続けていきたいと思っています。

(現地スタッフ アウン・チー・ウィン)

7月 30, 2009 ミャンマー |