« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月27日 (木)

サイクロンから6か月~心のケアの必要性~

27nov_dscn2688s_low_2    現在、緊急追加した1500世帯分のシェルターキット配布に向け、配布先の村を決めるための調査を行なっています。

 先日調査を行った村で、村びとに「今、何が一番必要ですか?」と聞くと、「亡くなった子どもたちがほしい」と言われました。その人は、2人の子どもをサイクロンで失ったそうです。

 私たちは本当に必要な支援を行うため、様々なことを村びとたちに聞きながら調査をする必要があります。しかし、このような答えを前にした時、どう答えることもできず、ただただ呆然と聞くしかありません。

 サイクロンから6か月が経過し、支援活動が軌道に乗ってきたところでのこういう一言は、私たちの心に強く響きます。そして、「私たちは彼らのために何もできていないのではないか」という無力感に襲われます。27nov_dscn2683s_low_3 

 村を束ねている代表者たちの多くも家族を亡くしています。それでも、彼らは悲しみを隠し、村びとたちの復興のために一生懸命協力してくださいます。そのような彼らとともに働くことで、「立ち止まらず、とにかく今私たちにできることを精一杯しよう」と思える勇気を、日々もらっています。

11月 27, 2008 ミャンマー |

2008年11月20日 (木)

シェルターの配布について

20nov08_img_2782s_low   今回は、シェルターキットがどのようにして住民の手に渡っているかをご説明します。

 まず、シェルターキットを最も必要とする地域を調査し、配布する村を決定します。

 決定後、対象となった村で、シェルターキットを受け取るための委員会を立ち上げてもらいます。

 委員会には、受け取る家族の世帯主のリストを作成してもらいます。20nov08_dsc02469s_low_2

 委員会のメンバーは、キットが村に到着する度に数を確認します。

 そしてキットがすべて村に到着した後、キットを受け取る村人全員を集めて、拇印を押してもらいます。

20nov08_dsc09141_low  拇印を押すときの村人の表情は様々です。寄付者への感謝を最大限に表わす人や、家族を失ってうつろな表情のままの人。他の村人との会話に盛り上がる人や、初めての捺印で緊張する人など。中でも一番多い、うつろな表情の人びとのことがいつもとても気になります。

 いま行なっている支援を効率的に行うことで、最も支援を必要とする人びとに支援が届くよう心がけつつ、うつろな表情の人びとに必要な支援は何なのかを毎回考えながら、村を後にしています。20nov08_165s_low

11月 20, 2008 支援物資配布 |

2008年11月13日 (木)

忙しい合間のひと時パート2:シュ二ディの三姉妹と「タナカ」

13_nov__low  現場に行くときは、シュ二ディという三姉妹のお宅に宿泊させていただいています。その際、必ず登場するのが、このミャンマー伝統の自然化粧品「タナカ」です。柑橘系の木の幹を専用の石を使ってすりおろし皮膚に塗るもので、特に日焼け止めとして女性と子供に愛用されています。

 タナカの起源は古く、ミャンマー最初のバガン王朝が始まった時代(1044年~)の壁画にも描かれ、古き良き妻はこれを顔に塗って夫の帰宅を待ったとも言われています。

 シュ二ディ三姉妹は、朝起きてシャワーを浴びたあと、私に丁寧に「タナカ」の塗り方を教えてくれました。さらに、「タナカ」自体はほとんど香りがないので、手足には、白檀の香り(木の幹のすりおろし)をつけるようアドバイスもしてくれました。

 夕方、仕事を終えシャワーを浴びたときも同様です。ともに軽食を食べながら、私たちは話に花を咲かせます。タナカを塗っていると、村人に好評で、皆が家族のように接してくれます。

 私たち外国人が現地で活動するときは、現地の人々とよりよい関係づくりができるよう、いろんな局面でその国の習慣や文化を尊重し、彼らの文化になじむようにしています。

(いのまたえつこ)

11月 13, 2008 |

2008年11月 6日 (木)

シェルターの作り方

4_nov_08_003_low
 さて、今回は、シェルターキットが配布された後、実際にどのように建設されているかを説明しましょう。配布した資材は同一ですが、村によって若干作り方が異なるようです。その中でも一般的な建て方をご紹介します。4_nov_08004_low

① 敷地に木の柱を建てる位置を決める
② 柱を建てる
③ 高床を竹で組む
④ 屋根を竹を使って組む
⑤ 床に使用するため、竹を割いて編む
⑥ 壁用の竹マットを柱に付ける
⑦ 開口部をのこぎりで開ける
⑧ 屋根にブルーシートを針金で留める
⑨ 屋根のブルーシートがバタバタしないように、竹を格子状にしたものを付ける
⑩ 竹のマットで作った窓やドアを取り付ける

4_nov_08img_2930s_low
こうして完成するのですが、
私も時間があればシェルター作りに参加したいと思うほど、
建設している様子は興味深いものです。

11月 6, 2008 ミャンマー, 緊急支援 |